FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春季団体戦振り返り

こんにちは。SRです。
先日行われた春季団体戦について振り返っていきたいと思います。

今回のA級は大混戦で、どの大学にもチャンスがあるとか
言われたり言われなかったり言われてなかったり...
昨秋悲願達成の名大か、絶対王者の名城か、安定の名工か、
戦力強化の三重、静大か、昨秋B級全勝の南山か...みたいな。
まあ実際は違うんですけどね...詳細は後程。

1回戦 三重大
訳あって1日目2勝しなければほぼ残留はないという
状態で迎えた三重大戦。オーダーを見た瞬間凍りました。
名工大の2,3番手が相手の1,2番手に突き刺さりました。

というわけで自分の相手はM山さん。
相手の早石田に対して英春流かまいたち。これは自分が
小3のときのJTの将棋大会決勝で、相手が升田式石田流を
してくることが確定していたのでその対策として研究していたものです。
まあ要するに今でいう右四間飛車ですね。
相手の王が6二にいるときに機敏に仕掛けましたが、
うまく局面を収められてしまいました。
その後も難しい局面が続きましたが、わずかに及ばない感じでした。
本譜ははっきりと一手負けの順に進んで負け。
局面を振り返ろうにもどこが悪かったのかいまいち
わからないのでかつあい!

チームは2-5負け。予想通りというか何というか...
しかし相手が強くても勝たなければいけないんですけどね。


1回戦の対局中、周りを見渡してみると、机の上にちらほら森永のラムネを
置いて対局している人がいました。なんか強者のオーラがあったので、
自分もたまたまいつもカバンに入っているそれを机に置いて対局に挑みました。
自分は対局中にものを食べるのは好きではないのであくまで置いただけですが。


2回戦 南山大
自分の相手はH田さん。今年の中部学生将棋連盟のHP係ですね。
お疲れ様です。頑張ってください!!
相手の四間飛車に対してナナメ棒銀。
ほぼほぼ定跡通りの進行となりました。


vsH田



後手が自分です。図から▲4八銀△8九飛成▲7三飛成△8六馬▲7九歩△5三角と
進みました。銀を埋められて横から美濃囲いを攻略する気はさらさら
なかったので、歩打ちと馬引きの交換はありがたく、有利を意識しました。
以下は少し怪しくしつつも狙い通りの端攻めを決めて勝ち。

チームは3-4負け。主力3人のみの勝利となり、名工の代名詞ことSGさんが
いなくなってしまったのが大きく影響した結果となりました。


3回戦 名城大
自分の相手はK川さん。小学生時代からのライバルにさんづけはなんか違和感。。。
大学に入って卓を囲んだことは何回かありますが、意外にも対戦は初めて...?
最後に戦ったのは高2のときの高校竜王戦とかでしょうか。(きおくあいまい)
自分の矢倉に対して相手は右玉を採用してきました。
あまり深く考えずに仕掛けて以下の図。


vsK川



後手が自分です。相手の手番ですが、自分は6六銀とぶつけられる手しか見えて
おらず、精算後飛成を防ぐために銀を手放さなければならないので、少々不満でした。
実戦は長考の末に2五桂でした。以下△3二金▲1五歩△5五歩と進み、結局跳ねた桂で
銀をとる展開にはならず、持ち時間の差で有利になりました。
その後は飛車を取り合う展開になり、玉型の差もあって押し切ることができました。
感想戦で図の場面について聞いてみたところ、7六銀とずっと迷っていたとのこと。
以下△同銀▲6三飛成△6五桂と進んで竜作って金は取れるものの5七の地点の反撃も
厳しく断念したとのことでした。自分はその手を1秒も考えておらず、逆に相手は
6六銀を1秒も考えていなかったそうです。将棋って面白い。

チームは3-4負け。求:名工の代名詞


勝負がけだった1日目は華麗に全敗フィニッシュでした。
その後自分はOBの方々との麻雀セットについていき、ぼこぼこにされて
自分の春団は幕を閉じましたとさ、めでたしめでたし。。


というわけで自分は2日目不参加でした。ついでに名工の無敵艦隊Yも不参加でした。
何故でしょうか。オーダー係にクビを宣告されたからでしょうか。
前日の3回戦終了後に名城に勝って満足していたら、これで満足なら名大戦出なくでも
いいんじゃないの~って元理事長に言われたからでしょうか。
それとも11:20分頃会場を出ればギリギリ間に合う、院試前最後のTOEICがあり、
1日目の1回戦終了時刻が11:40とかで無理と判断したからでしょうか。
あるいは学生将棋選手権優勝によって阪田三吉杯に招待され、それに出るために
1日目終了後名古屋駅から電車に乗って前乗りしたからでしょうか。(合ってる?)

主力2人不在で迎えた2日目。逆に言えば、今年たくさん入って来てくれた
1年生の子をいっぱい出すことができ、未来につながるとも考えられます。

4回戦 名大
TOEICは昼からだったので、正直朝は会場に行って主力がいないオーダーが
発表されたときの名大の反応を見たいなーって思っていました。
結果は1-6負け。しかしこの一勝は1年生によるもので、今後の活躍に期待です!
1日目も自分の隣で序盤リードする展開が多く惜しいなーって見てました。


5回戦 静大
あまり詳しくはわからないですけど勝てば入れ替え戦の可能性もあったらしい...?
しかし結果は3-4負け。1年生2人が頑張ってくれました。


はい。自分にとっての最後(予定)の春季団体戦は全敗でのB級降級になってしまいました。
いろいろ展開が向かない部分もあったので仕方ないなーとは思いつつも、やはり悔しいです。
自分の最後(予定)の団体戦になる秋季団体戦では、1期抜けしてチームをもう一度A級に
復帰させれたらなと思います。
そして、たくさん入って来てくれた1年生の子たちも、即戦力級の子が多いので、
さらに強くなってオーダーに入れるようになってほしいです。
スポンサーサイト

学生選手権の振り返り

こんにちは。名古屋工業大学二年の竹川です。
3/21・22の二日間にかけて行われた
第21回学生選手権の振り返りをしたいと思います。
 今回の振り返りはあまり書く気はありませんでしたが、某平野君に頼まれて書いています。そろそろ時給が欲しいです。
 個人戦1日目はは団体戦と同じく大阪商業大学で行われました。ベスト16以上になると
3/22も残って対局することが出来ます。なので、1日目の目標は2日目まで残ることでした。
 それでは、予選から振り返っていきたいと思います。

予選一回戦 VS中山氏(東京大学2年)

 相手は東大生ということで、あまり勝ったためしがないので、何としても弾みをつけたいところ。
 戦型は僕の右四間飛車に対して相手の四間美濃でした。



 後手が僕です。
ここで相手は▲6五歩と突いてきました。以下、△同歩▲3三角成△同銀▲7一角△5二飛車▲6五銀で先手良しが読み筋ですが、▲6五歩の瞬間△7七角成▲同桂△4四角▲6七飛まで決めてから
△6五歩と戻して後手が良くなりました。いつでも△6六歩が入るのが大きいです。

 こうして予選一回戦は快勝に。つづく予選二回戦の麻布高校二年の鈴木氏にも勝利し、
予選突破を決めました。

 どんどん行きましょう!!何しろ先は長いです。

本戦一回戦 シード
さすがの僕でも、相手が幽霊なら目を瞑っても勝てます。

 本戦二回戦 VS石川氏(東京大学3年)

 本日二度目の東大生です。
相手の方がバランス型の変則振り飛車。こちらは銀冠の対抗型となりました。
序盤で模様が良くなったものの、中盤の終わりくらいでミスが出てしまい、混戦となって迎えた終盤。



後手が僕です。
最終盤、ここから△6七銀成▲同金△6五桂▲同歩△6六銀で後手優勢となりました。
 この対局に勝ってベスト64です。
まだ道は長いですが、気合を入れていきましょう!

 次の相手は、名城大学の久野氏です。まさか大阪に来て当たるとは思いませんでした。中部の春個人戦で優勝しており、直近の中部オール個人戦では決勝で負けている相手です。
 よく考えたら大学入ってから勝ってないから勝ちたい!!

本戦3回戦 VS久野氏(名城大学4年)

 戦型は相手のノーマル三間飛車に対して僕の居飛車穴熊でした。
お互いに膠着状態のまま指し手が進んで下図に。
 



 ここから、▲2二歩△同角▲3三歩成△同角▲2二歩で技が決まりました。
以降も穴熊の遠さを生かして勝ちに。自陣に駒を埋められて圧敗するのだけは避けたかったので良かったです。
 あと一つ勝てば二日目突入です!
1日目最後の相手は神戸大学の名和くんです!知り合い続きではありますが、この瞬間だけは敵なので、負けられないことに変わりはありません。学生王将戦のベスト8になった時も当たっています。当たりすぎです。

本戦4回戦 VS名和氏(神戸大学3年)
戦型は横歩取り。オーソドックスな出だしから、名和氏が少し変化して迎えた下図


後手が僕です。以下、△7七角成▲同銀△2四桂から飛車をとりにいったのですが、感想戦で名和氏が▲6六角を指摘。以下、△7五歩に▲1五飛と浮けば、▲3三角成が残るので先手がむしろ良かったです。実戦は▲6八銀と引いたので、飛車を取れて後手が良くなりました。そのまま押し切って勝ち。

何とか2日目に残れたので素直によろこびました。名城大学の黒川君もベスト16に残っており、さすがでした。味方がいるのは心強いです。

  二日目の宿のことは何とかなるくらいにしか思ってなかったので、最後の対戦相手の名和氏の家に泊めてもらうことになったのは幸運でした。
 二日目は1日目と場所もかわり、新梅田研修センターで行われました。

本戦五回戦 VS千野氏(大阪商業大学一年)
相手の雁木に対して僕の右四間でした。学生王将戦の決勝で負けた形にあえて飛び込みました。早指しということだったのですが、僕はあまり気にならなかったです。



後手が僕です。ここで▲同銀右ならいい勝負が続いていました。
実戦は▲同角だったので、△同飛車▲同銀右△同角▲同銀▽3九角で後手優勢になりました。以下も押し切って勝ち。
 今大会は優勢になってからちゃんと押し切れている将棋が多い気がします。

本戦6回戦 VS野依氏(東京大学4年)
二度あることは・・・ということで東大生と三戦目です!
高校で選手権・竜王戦・新人王の三冠を獲得した銭本裕生氏を破って勝ちあがっている強豪。大会2日目の初戦で名城の黒川氏も破っているので、気が抜けない戦いが続きます。
戦型は角換わりのじっくりした将棋に。





先手が僕です。ここで▲2六角に相手が秒に追われて△1三馬。すかさず▲1四歩とたたき、△1二馬に▲1六香で先手優勢になりました。以降は押し切って勝ち。
 こうしてベスト4まで勝ち進めることが出来ました!

次の相手は、中川洸生氏。あの中川慧悟氏の弟さんに当たるわけです。今大会で一番の大勝負だと思いました。

準決勝 VS中川氏(岩手大学4年)
 やはり、強い人は風格があって、それだけで勝てないと思わせるのが上手です。それと、もう一つ僕の中で強い人の特徴は、序盤から丁寧に時間を使って読みを入れています。なので、序中盤で適当な手を指さないんです。
 本局は相手のノーマル中飛車の銀冠で、僕の居飛車穴熊でした。
序盤で模様良しとしながら、仕掛けた直後に悪手を指してしまい少し悪い形勢に。しかし、そのあと攻めのターンが回ってきて、駒を取りながら攻める展開となり、優勢に。しかし、自陣に駒を投入しすぎて駒不足となり、相手の入玉狙いが防ぎきれずにまた悪くしてしまいました。もう相入玉しか道はないと思い、こちらも入玉を目指して、もう何が何だか分からない状況になって迎えた局面図



先手が僕です。ここで何をされるか分からなかったのですが、次の手を指さずに投了されました。形勢に差はついていませんが、このままやっても不毛だと判断されたのでしょう。それにしても投了は驚きでした。

決勝 VS杉村氏(大阪経済法科大学2年)
 
 決勝の相手は、西日本学生将棋名人戦で2位になった杉村氏。
運命をかけた対局の戦型は相手のゴキ中に対してこちらの左美濃に。攻めを焦らされる展開となり、その後大きく駒損して大劣勢に立たされてしまいました。それでも、何とか決定打を与えずに攻め続けて迎えた下図



後手が僕です。
以下▲3九金△4七桂▲2九金△4八金に▲4九金が悪手となってしまい、すかさず△同金▲同銀△3九金で手ごたえを感じました。逆転には至っていないのですが、少し差が縮まった感触がありました。
 以下▲4八銀打△2九金▲同玉△3九金▲同銀△同桂成▲同玉△3七飛成でそうとう気持ちの悪い形となり、勝負形になりました。最後は相手が間違えてくれたので、必死をかけて勝つことができました。
 こうして、総勢約450人の頂点に昇り詰めることができました。勝った瞬間は、本当に自分が優勝したのかよく分からないような気分になりました。内容が悪かっただけに反省点も多いですが、また次回の大会までの研究課題にしておきたいと思います。
 また、今回の優勝は中部の皆さんが応援してくれたのも要因の一つかと思います。やはり、知った顔が近くにいるのは心強いです。ありがとうございました。
 それにしても、まさか優勝できるとは思っていなかったので、調子に乗って次の日スポッチャで遊んでたら、インフルエンザで星空合宿に行けませんでしたとさ。(ごめんなさい)

学生王将戦について

 こんにちは。T.Kです。 
今更かもしれませんが、
学生王将戦についての振り返りをしたいと思います。

正直、フラ盤とかの張り付け方が分からなくて、後回しにしていました。
調べるの本当に大変でした(-_-;)

全国大会は12月22、23日に四日市の地場産三重展示室で行われました。

22日は本当は授業だったのですが、やむを得ず自主休講としました。
その日は授業数が一番多い日なので、運がいいのか悪いのかよくわかんなかったです。

そんなこんなで一日目の予選がスタートしたわけですが、、、

同じブロックに学名3位のY本さんと学名優勝のH岡君がいました。

うわ×100くらいに感じましたが、どこへ行っても似たような感じだと思いました。
(以下敬称略)
予選一回戦 VS N谷(岩手)

ここを負けると後がなくなってしまいます。流れに乗るためにも、絶対に勝ちたいと思いました。
角換わり模様で進み、相手が右玉に構えなおして下図のように



ここで7五歩が積極的に動いた手でした。成否は微妙ですが、結果的にはよかったと思います。以下短手数で押し切って勝ち

幸先の良いスタートとなりました。

予選二回戦 VS Y本(高知工科)

予選二回戦の相手は顔見知りで、全国大会では一番話す仲間の一人です。

自分の中ではてっきり相居飛車を予想しており、角換わりかな?、と思って準備していましたが、相手の四手目が4二飛車だったので、なめられているのかと思いました(そんなことないです)

序盤技巧者として知られるY本さん。序盤のリードを許さないようにして、序盤から惜しみなく時間を使って、慎重に指しました。
図は途中図



ここで、7四歩、同歩、四六角で手ごたえを感じました。以下、六四歩、四五角、三八竜、六四角、七三銀、八一角成と進み、二枚替えとなって先手優勢となりました。そのまま押し切って勝ち。

何とか二連勝で予選を終えることができて、本当に安心しましたね。藤井システムの強襲を受けることなく八八銀までさせた時くらいほっとしました。

二連勝して安心していたのですが、そのあと暇っていうことに気づいて、結構ぼーっとしてました。
応援に来てくれたakbl君と将棋を指したりしてましたね。ほんといい子です。

さて、本戦一回戦の相手は誰だろうと思ってみたところ、神大のN和くんでした。。。

今回は身内とよく当たるなアと思って、逆に気が楽でした。

その日の夜は、パソコンで研究をすることにしました。せっかく持ってきていたので、と思っていたのですが、ちょうど次の対戦相手の棋譜のデータがあったので、勉強するのに役立ちました。重いのに持ってきた甲斐がありました。(その棋譜とは全く違う展開になりました)

本戦一回戦 VS N和(神戸)

準決勝をかけた大きな一番でした。

相手は居飛車党なので、自分に対局の流れを決める選択権があると思っていました。
本譜は居飛車を選択。横歩取りとなって激しい展開から駒組が続いていく形となりました。

途中良くなったと思ったんですが、難しくしてしまったと思いつつ、図の局面に



ここで一八角が見えて、よくなったと感じました。竜が消えると四一飛車が両取りになります。
以降も手堅くまとめることができました。

こうして四強入りを果たすことができました。

全国大会ではあまりいい成績を残したことがなく、しかも「今回はいける!」と勝手に思っていたので、次も絶対に勝とうと思っていました。

準決勝 VS S井(立命館)

相手は立命館。大学入ってからは、立命館の人とは将棋をしておらず、ずっと対戦したいと思っていました。

大会当日にリサーチしていたので、戦形は示し合わせたかのように角換わりに。

自分がよく知ってる形に持ち込みたかったのですが、なかなかさせてもらえず、難解な形成に。
それでもポイントを稼いで迎えた局面図



ここで七一銀と打って、少し良くなったのではないかと感じました。
そこから無理攻めを誘って駒得し、勝利。

とうとう決勝まで上り詰めることができました。

あと一つで優勝・・・夢にも思いませんでした。

中部の学生名人戦の代表枠を増やしてやると思って臨みました。

相手は東京大学のH岡君。学生名人戦で優勝しており、その強さはいうまでもありません

この人に勝てたら、どんな景色が見えるのだろうと、ワクワクしながら将棋を指したのを今でも覚えています。

決勝 VS H岡(東京)

相手が雁木で来たらあれをやろうと思ってイメージしていたら、本当にその形になって少し戸惑いました。

決勝は持ち時間九〇分、切れたら秒読み六〇秒

いつもはすぐ仕掛けるところも、慎重に時間を使って、満を持して仕掛けました
仕掛けてから少し進んで、下図





後手が僕です。

ここで先手の指し手が四八角。これが粘りある一着で、その後の指し手が分からなくなってしまいました。

その後はじわじわと差を広げられて、終盤はどうしようもない局面がつづきました。

終わってみれば完敗。力の差を痛感しました。

というわけで学生王将戦は二位ということで幕を下ろしました。

正直な感想をいうと、悔しい気持ちの方がまさって、素直に喜べませんでした。
それと同時に、将棋の可能性の深さを感じました。いいと思っていても、実際はそんなによくなかったり、自分の中ではこの一手と
思っていても、実際は違う手が隠されていたりといった具合です。

それと、これは家に帰って検討をして分かったことなのですが、自分はまだまだ弱い、ということです。

ちゃんと調べてみると、一手で形勢を損ねたり、形成のいい局面から互角に戻してしまったりと、本当に疑問手が多いんだなと痛感しました。

まだ強くなれる、もっと強くなれる

そう気づけただけでも、今回は自分にとって非常に価値の高い大会になったかなと思います。

応援をくださった方や、メッセージをくれた方、結果を気にかけてくださった方
とても力になりました。ありがとうございました。



















秋季団体戦振り返り

~戦い続けるということ~
お久しぶりです、しっちょーです。今年も今日で終わりですね。
11月25,26日の秋団体戦をオーダー係目線で振り返りたいと思います。
【大会前】
エースであり秋個人覇者のT氏が、「もっと強い人に当てて、全勝するから」と。
私「(春全勝してから言えよ…)」と思ったが、そうすれば、もっとチームが勝ちやすくなると思い、そういうオーダーコンセプトに。

【1日目】
朝、二度寝をかまして危うく遅刻だったが、無事セーフ。
1回戦 豊橋技科大学
今回は以前に比べ、1回戦の恐怖は薄いが、決して気は抜けない。
予定通り(?)T氏に主力が当たる。自分も出場し、何とか勝利。
1つは落としたが、上々の出だし。
6-1で勝ち。
2回戦 静岡大学
T氏が当て馬にされると、自分のところが勝負所になり得る感じで、チームがしんどそうなので、どんなオーダーでも大けがしない感じに組むことに。
実際は、T氏に主力が当たり、自チームの主力4人で勝ちきれそうなオーダーに。
SG氏が負けかけたらしいが、まあ勝ったのでいいでしょう。
4-3勝ち。
3回戦 名古屋大学
オーダー決めの時、SG氏に
私「どちらのK氏の方がいいですか?」と聞き、回答を踏まえてオーダーを組むことに。
私は相手オーダーを完全的中し、2,4,5将のうち2勝できればいけると思ったが、5将のみの勝利に。
T、Y、SR氏勝ちでまたもや1勝足らずの3-4負け。

【2日目】
1日目終えて、三重大-静岡大が三重大勝ち。
さらに、3位決定戦になりえる三重戦がオーダー的に厳しい戦いになることが判明。

4回戦 名城大学
三決のためにも1つでも多く勝っておきたい。だが、オーダーが予想を外れ、良くて2勝のあたりに…
結局T氏のみ勝利で1-6負け。
5回戦 三重大学
対局前のこと。
SG氏「僕が負けると賞状を取りに行かなくて済むな~」
私「冗談でも言うのやめてもらえますか。」
この後、まさかの展開に…
さて、3決の大勝負。相手のエースにうちのエースか当て馬が行くように組んだ。
実際、主力4人で勝てそうなオーダーに。
主力4人のうち3人は勝ったが…SG氏が負けてる。
それをルーキーが補って4-3勝ち。

結果 3-2(18-17)3位

優勝は名古屋大学。あきらめず何回も名城大学に挑戦し、悲願を成し遂げたときの名大の皆さんが印象的でした。我々も上位2校にもっと挑戦できるようにしていきたいです。

個人の結果としては、相手校のエースとよく当たった(2回)にしても、全般に内容が悪すぎました。
来年度は部長になるので、もっとましな将棋を指すべきだし(部長でなくともだけど…)、勝利の一角を担うことを目指し、頑張ります。(上で言ったこともあるし…)

主力が一人抜けるので、誰かは補わないといけないし、このままでは、B級行きかもしれません。来年のルーキーに期待したいところですが、まずは個々が今回の反省を踏まえて、成長していきましょう(自分もだけど)。また、1月から東海リーグにも出るので、そういったところで力をつけていきましょう。

以上です。来年もよろしくお願いします。

個人的な秋季(春季)団体戦の振り返り

こんにちは。SRです。
以前はSTっていう名前で書きましたが、こっちのほうがスーパーレア感が
あって好きなのでこちらでいきたいと思います。

1回戦 対豊技 S浦さん
古き良き相矢倉。自分が4六角、相手が4二角の形だったので
6五歩を突いて中央から攻撃を開始しました。
自陣は少し危ないけれど、飛車切りから角での飛車金両取りは
大丈夫と見て踏み込みました。しかし、指した後、先に角を打たれると
受けなければいけないことに気づき変調だなと思っていました。
実戦は当初の読み通り飛車切りから入ってきたために返し技の王手馬取りをかけて勝ち。
チームも6-1で勝ち。幸先の良いスタートとなりました。


2回戦 対静岡 N澤さん
対角交換四間飛車。相手は銀冠、自分は矢倉模様からいつものように筋違い角を打ち、
歩をとって7八に引き上げました。自分が竜を、相手が馬を作って、
形勢は悪くないと思っていました。しかし、相手の7六歩の取り込みに対し、
7三歩→同桂→9五歩(詰めろ?)→6五桂(王の左辺脱出を見せつつ
7七への打ち込みからの詰めろ)という手順であっさり速度が入れ替わってしまいました。
その後、玉を下段に落とされ必死をかけられましたが、秒読みの中連続王手で
迫っていき相手の要の攻め駒の成桂を抜くことに成功。最後は引きこもってた
7八角を3四に飛び出しての即詰み。気持ちよかったです。
チームは4-3で勝利。チームのコンセプトが主力4枚で4勝だったので負けられない戦いでした。


3回戦 対名大 F原さん
・春団体
相手の右玉に、矢倉で応戦。相手の桂跳ねで銀が助からなくなりました。
それは仕方なかったので、銀打ちの隙をなくすために飛車を1つあがりました.........
と思いきやそれによってもっと厳しい銀打ちが発生。
まあ当然読み通りでしたけど???みたいな顔をして飛角と金銀の交換
(打ち間違えではありません)をして勝負をしましたが、さすがに駒損が大きすぎました。
最後は角取りも無視され、一方的な展開になってしまいました。
チームは3-4負け。。。SGさんがチャーシューなら自分は
鶏ガラとかにされてしまうんでしょうか.....

・秋団体
自分の目の前には春に見覚えのある方が座っていました....
普通はリベンジに燃えるものなのでしょうか?自分の場合は、
どうせ勝てないとか負の感情しか出てきません。。。
相手のツノ銀雁木に、矢倉で応戦。全て研究済みですよといわんばかりの相手の手つきに、
時間の差は開く一方。優劣不明の展開がずっと続いていましたが、秒読みの中でも
わりと落ち着いて指すことができました。負けても仕方ないとの覚悟で、
相手の攻めを催促しました。嫌な手も見えていましたが、なんとかかわし、
ぎりぎりで勝ちきることができリベンジ成功。しかしチームは3-4負け。
後一歩が届かないですね...


4回戦 対名城 K野さん
・春団体
前日にオーダー係から、「Wさんと当たりたいですか?」とのLINEが。よく考えずに
その一文にNOと回答した結果、春期個人戦の優勝者との対局になりました。
相手の三間飛車に、4六銀急戦。いつも通りの進行から相手が変化を加えました。
相手の陣形は、らしさ全開の金銀6枚の堅陣。名城の実況担当の方の頭を
くらくらさせることに成功していましたが、自分には1年春の団体戦により
耐性がついていました。一枚一枚囲いをはがしていき、秒に追われながらも
相手玉を詰ますことができました。まさかの大金星。
チームは1-6で負け。毎回の光景になっていますが、次はなんとかしたいですね。(コピペ感)

・秋団体
自分の目の前には春に見覚えのある方が座っていました...
相手の三間飛車に、今度は棒銀を選択。相手は4三金5三銀型と、用意の受けをしてきました。
局面が一旦落ち着き、相手が銀冠に移行する金が離れている瞬間に再び開戦。
駒損ながらお互い捌き合い、玉形の差で戦えると思っていましたが、
7二に銀を埋められて主張が無くなってしまいました。その後も工夫して攻めるものの、
はっきりとした1手負けの手順に進んでしまいました。
チームは1-6で負け。毎回の光景に(ry


5回戦 対三重 M田さん
オーダー的に、絶対に負けられないところ。いつになくプレッシャーを感じていました。
相手が矢倉だったので、見よう見まねで右四間飛車。相手は囲いを保留して
銀を引かせてきましたが、玉の堅さの差で手応えを感じました。
相手が居玉の内に再び開戦。角桂交換の駒損でしたが、
と金と堅陣が大きく優勢になり、そのまま押し切ることができました。
チームは4-3で勝ち。ひとつ勝ち勘定で誤算がありましたが、
1年生がヒーローとなってくれました。来年も期待してます!!!!!



今回もチームは3位でした。来年は主力が一人いなくなってしまうので、
今の位置をキープ、あるいはもっと上に行くには個のレベルアップが
最重要だと思います。自分も含め、みんなで頑張りましょう。
10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

nitshogi

Author:nitshogi
名古屋工業大学将棋部のブログです。一応、部室のある部活です。
名工大の学生で将棋部に興味がある人は是非部室へGO!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。