FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生選手権の振り返り

こんにちは。名古屋工業大学二年の竹川です。
3/21・22の二日間にかけて行われた
第21回学生選手権の振り返りをしたいと思います。
 今回の振り返りはあまり書く気はありませんでしたが、某平野君に頼まれて書いています。そろそろ時給が欲しいです。
 個人戦1日目はは団体戦と同じく大阪商業大学で行われました。ベスト16以上になると
3/22も残って対局することが出来ます。なので、1日目の目標は2日目まで残ることでした。
 それでは、予選から振り返っていきたいと思います。

予選一回戦 VS中山氏(東京大学2年)

 相手は東大生ということで、あまり勝ったためしがないので、何としても弾みをつけたいところ。
 戦型は僕の右四間飛車に対して相手の四間美濃でした。



 後手が僕です。
ここで相手は▲6五歩と突いてきました。以下、△同歩▲3三角成△同銀▲7一角△5二飛車▲6五銀で先手良しが読み筋ですが、▲6五歩の瞬間△7七角成▲同桂△4四角▲6七飛まで決めてから
△6五歩と戻して後手が良くなりました。いつでも△6六歩が入るのが大きいです。

 こうして予選一回戦は快勝に。つづく予選二回戦の麻布高校二年の鈴木氏にも勝利し、
予選突破を決めました。

 どんどん行きましょう!!何しろ先は長いです。

本戦一回戦 シード
さすがの僕でも、相手が幽霊なら目を瞑っても勝てます。

 本戦二回戦 VS石川氏(東京大学3年)

 本日二度目の東大生です。
相手の方がバランス型の変則振り飛車。こちらは銀冠の対抗型となりました。
序盤で模様が良くなったものの、中盤の終わりくらいでミスが出てしまい、混戦となって迎えた終盤。



後手が僕です。
最終盤、ここから△6七銀成▲同金△6五桂▲同歩△6六銀で後手優勢となりました。
 この対局に勝ってベスト64です。
まだ道は長いですが、気合を入れていきましょう!

 次の相手は、名城大学の久野氏です。まさか大阪に来て当たるとは思いませんでした。中部の春個人戦で優勝しており、直近の中部オール個人戦では決勝で負けている相手です。
 よく考えたら大学入ってから勝ってないから勝ちたい!!

本戦3回戦 VS久野氏(名城大学4年)

 戦型は相手のノーマル三間飛車に対して僕の居飛車穴熊でした。
お互いに膠着状態のまま指し手が進んで下図に。
 



 ここから、▲2二歩△同角▲3三歩成△同角▲2二歩で技が決まりました。
以降も穴熊の遠さを生かして勝ちに。自陣に駒を埋められて圧敗するのだけは避けたかったので良かったです。
 あと一つ勝てば二日目突入です!
1日目最後の相手は神戸大学の名和くんです!知り合い続きではありますが、この瞬間だけは敵なので、負けられないことに変わりはありません。学生王将戦のベスト8になった時も当たっています。当たりすぎです。

本戦4回戦 VS名和氏(神戸大学3年)
戦型は横歩取り。オーソドックスな出だしから、名和氏が少し変化して迎えた下図


後手が僕です。以下、△7七角成▲同銀△2四桂から飛車をとりにいったのですが、感想戦で名和氏が▲6六角を指摘。以下、△7五歩に▲1五飛と浮けば、▲3三角成が残るので先手がむしろ良かったです。実戦は▲6八銀と引いたので、飛車を取れて後手が良くなりました。そのまま押し切って勝ち。

何とか2日目に残れたので素直によろこびました。名城大学の黒川君もベスト16に残っており、さすがでした。味方がいるのは心強いです。

  二日目の宿のことは何とかなるくらいにしか思ってなかったので、最後の対戦相手の名和氏の家に泊めてもらうことになったのは幸運でした。
 二日目は1日目と場所もかわり、新梅田研修センターで行われました。

本戦五回戦 VS千野氏(大阪商業大学一年)
相手の雁木に対して僕の右四間でした。学生王将戦の決勝で負けた形にあえて飛び込みました。早指しということだったのですが、僕はあまり気にならなかったです。



後手が僕です。ここで▲同銀右ならいい勝負が続いていました。
実戦は▲同角だったので、△同飛車▲同銀右△同角▲同銀▽3九角で後手優勢になりました。以下も押し切って勝ち。
 今大会は優勢になってからちゃんと押し切れている将棋が多い気がします。

本戦6回戦 VS野依氏(東京大学4年)
二度あることは・・・ということで東大生と三戦目です!
高校で選手権・竜王戦・新人王の三冠を獲得した銭本裕生氏を破って勝ちあがっている強豪。大会2日目の初戦で名城の黒川氏も破っているので、気が抜けない戦いが続きます。
戦型は角換わりのじっくりした将棋に。





先手が僕です。ここで▲2六角に相手が秒に追われて△1三馬。すかさず▲1四歩とたたき、△1二馬に▲1六香で先手優勢になりました。以降は押し切って勝ち。
 こうしてベスト4まで勝ち進めることが出来ました!

次の相手は、中川洸生氏。あの中川慧悟氏の弟さんに当たるわけです。今大会で一番の大勝負だと思いました。

準決勝 VS中川氏(岩手大学4年)
 やはり、強い人は風格があって、それだけで勝てないと思わせるのが上手です。それと、もう一つ僕の中で強い人の特徴は、序盤から丁寧に時間を使って読みを入れています。なので、序中盤で適当な手を指さないんです。
 本局は相手のノーマル中飛車の銀冠で、僕の居飛車穴熊でした。
序盤で模様良しとしながら、仕掛けた直後に悪手を指してしまい少し悪い形勢に。しかし、そのあと攻めのターンが回ってきて、駒を取りながら攻める展開となり、優勢に。しかし、自陣に駒を投入しすぎて駒不足となり、相手の入玉狙いが防ぎきれずにまた悪くしてしまいました。もう相入玉しか道はないと思い、こちらも入玉を目指して、もう何が何だか分からない状況になって迎えた局面図



先手が僕です。ここで何をされるか分からなかったのですが、次の手を指さずに投了されました。形勢に差はついていませんが、このままやっても不毛だと判断されたのでしょう。それにしても投了は驚きでした。

決勝 VS杉村氏(大阪経済法科大学2年)
 
 決勝の相手は、西日本学生将棋名人戦で2位になった杉村氏。
運命をかけた対局の戦型は相手のゴキ中に対してこちらの左美濃に。攻めを焦らされる展開となり、その後大きく駒損して大劣勢に立たされてしまいました。それでも、何とか決定打を与えずに攻め続けて迎えた下図



後手が僕です。
以下▲3九金△4七桂▲2九金△4八金に▲4九金が悪手となってしまい、すかさず△同金▲同銀△3九金で手ごたえを感じました。逆転には至っていないのですが、少し差が縮まった感触がありました。
 以下▲4八銀打△2九金▲同玉△3九金▲同銀△同桂成▲同玉△3七飛成でそうとう気持ちの悪い形となり、勝負形になりました。最後は相手が間違えてくれたので、必死をかけて勝つことができました。
 こうして、総勢約450人の頂点に昇り詰めることができました。勝った瞬間は、本当に自分が優勝したのかよく分からないような気分になりました。内容が悪かっただけに反省点も多いですが、また次回の大会までの研究課題にしておきたいと思います。
 また、今回の優勝は中部の皆さんが応援してくれたのも要因の一つかと思います。やはり、知った顔が近くにいるのは心強いです。ありがとうございました。
 それにしても、まさか優勝できるとは思っていなかったので、調子に乗って次の日スポッチャで遊んでたら、インフルエンザで星空合宿に行けませんでしたとさ。(ごめんなさい)
スポンサーサイト

学生王将戦について

 こんにちは。T.Kです。 
今更かもしれませんが、
学生王将戦についての振り返りをしたいと思います。

正直、フラ盤とかの張り付け方が分からなくて、後回しにしていました。
調べるの本当に大変でした(-_-;)

全国大会は12月22、23日に四日市の地場産三重展示室で行われました。

22日は本当は授業だったのですが、やむを得ず自主休講としました。
その日は授業数が一番多い日なので、運がいいのか悪いのかよくわかんなかったです。

そんなこんなで一日目の予選がスタートしたわけですが、、、

同じブロックに学名3位のY本さんと学名優勝のH岡君がいました。

うわ×100くらいに感じましたが、どこへ行っても似たような感じだと思いました。
(以下敬称略)
予選一回戦 VS N谷(岩手)

ここを負けると後がなくなってしまいます。流れに乗るためにも、絶対に勝ちたいと思いました。
角換わり模様で進み、相手が右玉に構えなおして下図のように



ここで7五歩が積極的に動いた手でした。成否は微妙ですが、結果的にはよかったと思います。以下短手数で押し切って勝ち

幸先の良いスタートとなりました。

予選二回戦 VS Y本(高知工科)

予選二回戦の相手は顔見知りで、全国大会では一番話す仲間の一人です。

自分の中ではてっきり相居飛車を予想しており、角換わりかな?、と思って準備していましたが、相手の四手目が4二飛車だったので、なめられているのかと思いました(そんなことないです)

序盤技巧者として知られるY本さん。序盤のリードを許さないようにして、序盤から惜しみなく時間を使って、慎重に指しました。
図は途中図



ここで、7四歩、同歩、四六角で手ごたえを感じました。以下、六四歩、四五角、三八竜、六四角、七三銀、八一角成と進み、二枚替えとなって先手優勢となりました。そのまま押し切って勝ち。

何とか二連勝で予選を終えることができて、本当に安心しましたね。藤井システムの強襲を受けることなく八八銀までさせた時くらいほっとしました。

二連勝して安心していたのですが、そのあと暇っていうことに気づいて、結構ぼーっとしてました。
応援に来てくれたakbl君と将棋を指したりしてましたね。ほんといい子です。

さて、本戦一回戦の相手は誰だろうと思ってみたところ、神大のN和くんでした。。。

今回は身内とよく当たるなアと思って、逆に気が楽でした。

その日の夜は、パソコンで研究をすることにしました。せっかく持ってきていたので、と思っていたのですが、ちょうど次の対戦相手の棋譜のデータがあったので、勉強するのに役立ちました。重いのに持ってきた甲斐がありました。(その棋譜とは全く違う展開になりました)

本戦一回戦 VS N和(神戸)

準決勝をかけた大きな一番でした。

相手は居飛車党なので、自分に対局の流れを決める選択権があると思っていました。
本譜は居飛車を選択。横歩取りとなって激しい展開から駒組が続いていく形となりました。

途中良くなったと思ったんですが、難しくしてしまったと思いつつ、図の局面に



ここで一八角が見えて、よくなったと感じました。竜が消えると四一飛車が両取りになります。
以降も手堅くまとめることができました。

こうして四強入りを果たすことができました。

全国大会ではあまりいい成績を残したことがなく、しかも「今回はいける!」と勝手に思っていたので、次も絶対に勝とうと思っていました。

準決勝 VS S井(立命館)

相手は立命館。大学入ってからは、立命館の人とは将棋をしておらず、ずっと対戦したいと思っていました。

大会当日にリサーチしていたので、戦形は示し合わせたかのように角換わりに。

自分がよく知ってる形に持ち込みたかったのですが、なかなかさせてもらえず、難解な形成に。
それでもポイントを稼いで迎えた局面図



ここで七一銀と打って、少し良くなったのではないかと感じました。
そこから無理攻めを誘って駒得し、勝利。

とうとう決勝まで上り詰めることができました。

あと一つで優勝・・・夢にも思いませんでした。

中部の学生名人戦の代表枠を増やしてやると思って臨みました。

相手は東京大学のH岡君。学生名人戦で優勝しており、その強さはいうまでもありません

この人に勝てたら、どんな景色が見えるのだろうと、ワクワクしながら将棋を指したのを今でも覚えています。

決勝 VS H岡(東京)

相手が雁木で来たらあれをやろうと思ってイメージしていたら、本当にその形になって少し戸惑いました。

決勝は持ち時間九〇分、切れたら秒読み六〇秒

いつもはすぐ仕掛けるところも、慎重に時間を使って、満を持して仕掛けました
仕掛けてから少し進んで、下図





後手が僕です。

ここで先手の指し手が四八角。これが粘りある一着で、その後の指し手が分からなくなってしまいました。

その後はじわじわと差を広げられて、終盤はどうしようもない局面がつづきました。

終わってみれば完敗。力の差を痛感しました。

というわけで学生王将戦は二位ということで幕を下ろしました。

正直な感想をいうと、悔しい気持ちの方がまさって、素直に喜べませんでした。
それと同時に、将棋の可能性の深さを感じました。いいと思っていても、実際はそんなによくなかったり、自分の中ではこの一手と
思っていても、実際は違う手が隠されていたりといった具合です。

それと、これは家に帰って検討をして分かったことなのですが、自分はまだまだ弱い、ということです。

ちゃんと調べてみると、一手で形勢を損ねたり、形成のいい局面から互角に戻してしまったりと、本当に疑問手が多いんだなと痛感しました。

まだ強くなれる、もっと強くなれる

そう気づけただけでも、今回は自分にとって非常に価値の高い大会になったかなと思います。

応援をくださった方や、メッセージをくれた方、結果を気にかけてくださった方
とても力になりました。ありがとうございました。



















平成29年度秋季個人戦について

  こんにちは。T.Kです。ブログ書くのは初めてです。
書こうと思ってから半年くらい経ってる気がします。とりあえず笑っておきしょう。

 秋季個人戦について振り返りたいと思います。

一応幹事なので朝は1時間くらいはやく集合しました。3人で運営していたので、すごくバタバタしていましたね。途中で名大のS澤くんが将棋ウォーズを代わってくれるように携帯を僕に渡してきましたが、某理事長に投了させられていました。いい気味だと思います。
 予選は免除だったので、トーナメント表で誰がどこにいるかをじっくり検討させていただきました。

一回戦 VS名大K島氏
嶋だったっけ?まあいいか。初戦で幹事同士で当たるという運営にはうれしい当たり方をしました。彼とは将棋を指したことがないので新鮮な感じでした。結果は、まあ。

二回戦 VS名城G氏
角換わりとなって駒組が進んだのですが、相手にミスが出てしまいそのまま押し切る形となりました。
 
三回戦 VS名城K保氏
今日一番の強敵で、気持ちを引き締めて臨みました。28年度の秋団体で負けているので、ここは頑張って勝ちたいところでした。
戦型は自分の居飛車穴熊に対して、K保氏の美濃四間でした。前回やった時と同じ形で、嫌な思い出がよみがえりました。駒損ながら攻めを何とかつなげることができ、最後はZで詰めろさえ続けばよいという分かりやすい展開となりました。秒読みだったので本当に助かりました。穴熊に乾杯です。

こうして1日目が終わってひとまず安心しました。ですが、2日目の初戦の相手は名工のY田君でした。28年度の春個人でもあたりました。もう、なんなんでしょうね。運命でしょうか?
 
 帰りは名大のK村氏、ゾンビ、名城のK保君、名工のWソンさんで食事と遊びに行きました。特にビリヤードが一番面白かったです。また行きたいですね。

帰った後は次の対戦相手との戦型を研究し、何局か指した後寝ました。

2日目 準々決勝 VS名工Y田氏
 
彼とは本当によく指していて、よっぽど部室で指そうかと思いました。
戦型は彼の三間飛車に対して、僕のミレニアムでした。作ったと金が活躍し、端攻めだけ気を付ければ指せるという展開に。何とか逃げ切ることができました。

準決勝 VS名城I井氏
 
ここも顔見知りで、気合を入れて臨みました。何でも指すため、相手が振り飛車をするかどうかわかりませんでした。しかし、準々決勝の時に居飛車をするのではないかと思い、初手26歩で角換わりに誘導しました。
 中盤当たりは形勢に自信を持っていたのですが、終盤の入り口に差し掛かるにつれて急に自信がなくなっていきました。
最終盤、相手に桂馬と銀を渡しても詰まないと思い踏み込みました。何とか残していたようで結果は勝ち。しかし、感想戦では負け手順がいくつも見つかり、反省しました。
 
決勝 VSI城氏

決勝の相手は、公式戦で勝ったことのないI城さん。今年の西日本大会でも予選で当たって、結果は負けでした(-_-;)
今回こそは勝ちたいと思いました。
 戦型は僕のゴキ中に対してI城氏の二枚銀。28年の春団体でこの戦型にボロボロにされたので、それからゴキ中を指す気がなくなってしまったのをいまでも鮮明に覚えています。これは、過去の自分との戦いでもあると思って指していました。
 しかし、中盤はずっと苦しい形勢が続き、勝ちになりそうな順を必死に探しました。それが幸いし、一時は少し良くなるも、決めきれずにまた悪くなってしまいました。
 最終盤、いかにもよってそうな自玉がなかなかよらず、寄せに来られましたが何よか残していたようです。最後は即詰みに打ち取って、優勝することができました。

準決勝、決勝と本当に負け将棋で、優勝できたのは将棋の神様が僕に2泊3日してるようにしか思えませんでしたが、本当に運がよかったです。12/21,22に行われる全国大会でも頑張りたいと思います。

最後に運営のお手伝いをしてくださった皆様に感謝の気持ちを述べておきたいと思います。ありがとうございました。

今更ながら春の団体戦振り返り

はじめまして、2年のしっちょーです。由来は、高校時代のあだ名(?)です。

3月の学生将棋選手権、5月の団体戦をざっくり振り返ることにします。

まず3月26日に行われた学生将棋選手権。
出場メンバーは結局全員学部1年(当時)という若い(?)5人 (T, Y, A, S, 私) です。
1回戦 日本大学 1-4(T勝ち)
2回戦 灘中学B 4-1(T,Y,A,私勝ち)
3回戦 大阪市立大学 3-2(T,Y,S勝ち)
4回戦 京都大学B 0-5
5回戦 明治大学B 2-3(T,Y勝ち)
計2-3(10-15)で77位でした…
全国クラスのチームとも対局できたと思うので各自得るものが得られたと思うので、それでよし。

次に5月14日の春季団体戦です。
1回戦 南山大学 
ここが初戦にして大きな山場。オーダーが刺さってしまい、厳しそうに見えたが何とか勝利。
K先輩は個人戦で敗れた相手にリベンジしたそうで、貴重な1勝に。
4-3(ST,K,T,SG勝ち)

2回戦 豊橋技科大学 
ここでルーキーの登場。敗れはしたもののこの経験を次に生かせればそれでよし。
そのほかは勝利。
6-1(ST,YY,T,Y,A,SG勝ち)

3回戦 名古屋大学 
当たり次第では勝てる可能性がある相手。オーダー的にもこちらは悪くはなかった(はず)。
YY君が昨年度準新人王に勝つなど取りたいあたりも取れてはいたが、あと一歩及ばず負け。
3-4(YY,T,Y勝ち)

ここで1日目終了。
さて、2日目。もう一人のルーキーは予定が入っていて来られないという把握ミス。

4回戦 名城大学 
相手は強い。一つでも多く取れればと組んだが、結局ST先輩の1勝のみ。
1-6(ST勝ち)

5回戦 中部大学 
出したい人を並べたオーダー。
6-1(ST,YY,T,S,Y,SG勝ち)

計3-2 (20-15)  3位

自分が初めて本格的にオーダーを組んで3位は悪くはないが、自分が1勝をあげるということができなかった点は非常に悔しいです。
ルーキーを全員出せなかった点など、反省点はいろいろありましたが、それは次につなげます。
オーダー係ならもっと周りを見て動かないといけませんね。
主力とそれ以外との差が割とある気がしました。それを自分含めて実力を上げないといけないと思いました。それができたら、上位のチームとももっといい戦いができることでしょう。

個人については、また別で書くかもしれません。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

数の攻め

初心者の部員に向けて将棋の基本的なことを説明します。

将棋の基本的な考え方の一つに「数の攻め」があります。
数の攻めとは、ある地点で、相手の駒の利きより、味方の駒の利きが多ければ、
その地点を味方の陣地として制圧できることを言います。

棒銀定跡などの多くの定跡は、制圧した地点から、
飛車を敵陣に侵入させるために、数の攻めをよく行います。

数の攻めを行うために
1.味方の駒の利きを増やす
2.敵の駒の利きを減らす
という2通りの方法があります。

駒の利きの足し算と引き算ですね。
駒の利きを引き算する方法は足し算する方法に比べて気が付きにくいです。


具体的な方法を見てみます。

数の攻め

上の図1,2ともに2三の地点は味方の駒の利きは飛車1、敵の駒の利きは金1で均衡しています。
数の攻めを行い、飛車先を突破する、次の一手はなんでしょうか。






図1では、2七香と飛車の頭に香車をおくことで、
味方の駒の利きを増やします。

2三の地点の味方の駒の利きを2、敵の駒の利きが1となり、
味方の駒の利きの数が敵より優っているので、
数の攻めにより飛車先を突破できることが確定しました。

手順で言えば、2三香成、同金、2三飛車成といった具合ですね。

図2では4二歩と垂らすのが数の攻めを行うのに必要な手です。
放置すると4一歩成とと金を作られてしまうので、
相手は垂らした歩を取るしかありません。

そうすると、2三の地点で相手の駒の利きを減らすことができます。
つまり、2三の地点の味方の駒の利きは飛車1、敵の駒の利きが0となり、
数の攻めが成功し、2三に飛車を成り込めます。

数の攻めの威力がわかっていただけましたか?

また、機会があれば、初心者部員向けに基本的なことをブログに残しておきたいと思います。




09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

nitshogi

Author:nitshogi
名古屋工業大学将棋部のブログです。一応、部室のある部活です。
名工大の学生で将棋部に興味がある人は是非部室へGO!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。