FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春季団体戦振り返り

こんにちは。SRです。
先日行われた春季団体戦について振り返っていきたいと思います。

今回のA級は大混戦で、どの大学にもチャンスがあるとか
言われたり言われなかったり言われてなかったり...
昨秋悲願達成の名大か、絶対王者の名城か、安定の名工か、
戦力強化の三重、静大か、昨秋B級全勝の南山か...みたいな。
まあ実際は違うんですけどね...詳細は後程。

1回戦 三重大
訳あって1日目2勝しなければほぼ残留はないという
状態で迎えた三重大戦。オーダーを見た瞬間凍りました。
名工大の2,3番手が相手の1,2番手に突き刺さりました。

というわけで自分の相手はM山さん。
相手の早石田に対して英春流かまいたち。これは自分が
小3のときのJTの将棋大会決勝で、相手が升田式石田流を
してくることが確定していたのでその対策として研究していたものです。
まあ要するに今でいう右四間飛車ですね。
相手の王が6二にいるときに機敏に仕掛けましたが、
うまく局面を収められてしまいました。
その後も難しい局面が続きましたが、わずかに及ばない感じでした。
本譜ははっきりと一手負けの順に進んで負け。
局面を振り返ろうにもどこが悪かったのかいまいち
わからないのでかつあい!

チームは2-5負け。予想通りというか何というか...
しかし相手が強くても勝たなければいけないんですけどね。


1回戦の対局中、周りを見渡してみると、机の上にちらほら森永のラムネを
置いて対局している人がいました。なんか強者のオーラがあったので、
自分もたまたまいつもカバンに入っているそれを机に置いて対局に挑みました。
自分は対局中にものを食べるのは好きではないのであくまで置いただけですが。


2回戦 南山大
自分の相手はH田さん。今年の中部学生将棋連盟のHP係ですね。
お疲れ様です。頑張ってください!!
相手の四間飛車に対してナナメ棒銀。
ほぼほぼ定跡通りの進行となりました。


vsH田



後手が自分です。図から▲4八銀△8九飛成▲7三飛成△8六馬▲7九歩△5三角と
進みました。銀を埋められて横から美濃囲いを攻略する気はさらさら
なかったので、歩打ちと馬引きの交換はありがたく、有利を意識しました。
以下は少し怪しくしつつも狙い通りの端攻めを決めて勝ち。

チームは3-4負け。主力3人のみの勝利となり、名工の代名詞ことSGさんが
いなくなってしまったのが大きく影響した結果となりました。


3回戦 名城大
自分の相手はK川さん。小学生時代からのライバルにさんづけはなんか違和感。。。
大学に入って卓を囲んだことは何回かありますが、意外にも対戦は初めて...?
最後に戦ったのは高2のときの高校竜王戦とかでしょうか。(きおくあいまい)
自分の矢倉に対して相手は右玉を採用してきました。
あまり深く考えずに仕掛けて以下の図。


vsK川



後手が自分です。相手の手番ですが、自分は6六銀とぶつけられる手しか見えて
おらず、精算後飛成を防ぐために銀を手放さなければならないので、少々不満でした。
実戦は長考の末に2五桂でした。以下△3二金▲1五歩△5五歩と進み、結局跳ねた桂で
銀をとる展開にはならず、持ち時間の差で有利になりました。
その後は飛車を取り合う展開になり、玉型の差もあって押し切ることができました。
感想戦で図の場面について聞いてみたところ、7六銀とずっと迷っていたとのこと。
以下△同銀▲6三飛成△6五桂と進んで竜作って金は取れるものの5七の地点の反撃も
厳しく断念したとのことでした。自分はその手を1秒も考えておらず、逆に相手は
6六銀を1秒も考えていなかったそうです。将棋って面白い。

チームは3-4負け。求:名工の代名詞


勝負がけだった1日目は華麗に全敗フィニッシュでした。
その後自分はOBの方々との麻雀セットについていき、ぼこぼこにされて
自分の春団は幕を閉じましたとさ、めでたしめでたし。。


というわけで自分は2日目不参加でした。ついでに名工の無敵艦隊Yも不参加でした。
何故でしょうか。オーダー係にクビを宣告されたからでしょうか。
前日の3回戦終了後に名城に勝って満足していたら、これで満足なら名大戦出なくでも
いいんじゃないの~って元理事長に言われたからでしょうか。
それとも11:20分頃会場を出ればギリギリ間に合う、院試前最後のTOEICがあり、
1日目の1回戦終了時刻が11:40とかで無理と判断したからでしょうか。
あるいは学生将棋選手権優勝によって阪田三吉杯に招待され、それに出るために
1日目終了後名古屋駅から電車に乗って前乗りしたからでしょうか。(合ってる?)

主力2人不在で迎えた2日目。逆に言えば、今年たくさん入って来てくれた
1年生の子をいっぱい出すことができ、未来につながるとも考えられます。

4回戦 名大
TOEICは昼からだったので、正直朝は会場に行って主力がいないオーダーが
発表されたときの名大の反応を見たいなーって思っていました。
結果は1-6負け。しかしこの一勝は1年生によるもので、今後の活躍に期待です!
1日目も自分の隣で序盤リードする展開が多く惜しいなーって見てました。


5回戦 静大
あまり詳しくはわからないですけど勝てば入れ替え戦の可能性もあったらしい...?
しかし結果は3-4負け。1年生2人が頑張ってくれました。


はい。自分にとっての最後(予定)の春季団体戦は全敗でのB級降級になってしまいました。
いろいろ展開が向かない部分もあったので仕方ないなーとは思いつつも、やはり悔しいです。
自分の最後(予定)の団体戦になる秋季団体戦では、1期抜けしてチームをもう一度A級に
復帰させれたらなと思います。
そして、たくさん入って来てくれた1年生の子たちも、即戦力級の子が多いので、
さらに強くなってオーダーに入れるようになってほしいです。
スポンサーサイト

個人的な秋季(春季)団体戦の振り返り

こんにちは。SRです。
以前はSTっていう名前で書きましたが、こっちのほうがスーパーレア感が
あって好きなのでこちらでいきたいと思います。

1回戦 対豊技 S浦さん
古き良き相矢倉。自分が4六角、相手が4二角の形だったので
6五歩を突いて中央から攻撃を開始しました。
自陣は少し危ないけれど、飛車切りから角での飛車金両取りは
大丈夫と見て踏み込みました。しかし、指した後、先に角を打たれると
受けなければいけないことに気づき変調だなと思っていました。
実戦は当初の読み通り飛車切りから入ってきたために返し技の王手馬取りをかけて勝ち。
チームも6-1で勝ち。幸先の良いスタートとなりました。


2回戦 対静岡 N澤さん
対角交換四間飛車。相手は銀冠、自分は矢倉模様からいつものように筋違い角を打ち、
歩をとって7八に引き上げました。自分が竜を、相手が馬を作って、
形勢は悪くないと思っていました。しかし、相手の7六歩の取り込みに対し、
7三歩→同桂→9五歩(詰めろ?)→6五桂(王の左辺脱出を見せつつ
7七への打ち込みからの詰めろ)という手順であっさり速度が入れ替わってしまいました。
その後、玉を下段に落とされ必死をかけられましたが、秒読みの中連続王手で
迫っていき相手の要の攻め駒の成桂を抜くことに成功。最後は引きこもってた
7八角を3四に飛び出しての即詰み。気持ちよかったです。
チームは4-3で勝利。チームのコンセプトが主力4枚で4勝だったので負けられない戦いでした。


3回戦 対名大 F原さん
・春団体
相手の右玉に、矢倉で応戦。相手の桂跳ねで銀が助からなくなりました。
それは仕方なかったので、銀打ちの隙をなくすために飛車を1つあがりました.........
と思いきやそれによってもっと厳しい銀打ちが発生。
まあ当然読み通りでしたけど???みたいな顔をして飛角と金銀の交換
(打ち間違えではありません)をして勝負をしましたが、さすがに駒損が大きすぎました。
最後は角取りも無視され、一方的な展開になってしまいました。
チームは3-4負け。。。SGさんがチャーシューなら自分は
鶏ガラとかにされてしまうんでしょうか.....

・秋団体
自分の目の前には春に見覚えのある方が座っていました....
普通はリベンジに燃えるものなのでしょうか?自分の場合は、
どうせ勝てないとか負の感情しか出てきません。。。
相手のツノ銀雁木に、矢倉で応戦。全て研究済みですよといわんばかりの相手の手つきに、
時間の差は開く一方。優劣不明の展開がずっと続いていましたが、秒読みの中でも
わりと落ち着いて指すことができました。負けても仕方ないとの覚悟で、
相手の攻めを催促しました。嫌な手も見えていましたが、なんとかかわし、
ぎりぎりで勝ちきることができリベンジ成功。しかしチームは3-4負け。
後一歩が届かないですね...


4回戦 対名城 K野さん
・春団体
前日にオーダー係から、「Wさんと当たりたいですか?」とのLINEが。よく考えずに
その一文にNOと回答した結果、春期個人戦の優勝者との対局になりました。
相手の三間飛車に、4六銀急戦。いつも通りの進行から相手が変化を加えました。
相手の陣形は、らしさ全開の金銀6枚の堅陣。名城の実況担当の方の頭を
くらくらさせることに成功していましたが、自分には1年春の団体戦により
耐性がついていました。一枚一枚囲いをはがしていき、秒に追われながらも
相手玉を詰ますことができました。まさかの大金星。
チームは1-6で負け。毎回の光景になっていますが、次はなんとかしたいですね。(コピペ感)

・秋団体
自分の目の前には春に見覚えのある方が座っていました...
相手の三間飛車に、今度は棒銀を選択。相手は4三金5三銀型と、用意の受けをしてきました。
局面が一旦落ち着き、相手が銀冠に移行する金が離れている瞬間に再び開戦。
駒損ながらお互い捌き合い、玉形の差で戦えると思っていましたが、
7二に銀を埋められて主張が無くなってしまいました。その後も工夫して攻めるものの、
はっきりとした1手負けの手順に進んでしまいました。
チームは1-6で負け。毎回の光景に(ry


5回戦 対三重 M田さん
オーダー的に、絶対に負けられないところ。いつになくプレッシャーを感じていました。
相手が矢倉だったので、見よう見まねで右四間飛車。相手は囲いを保留して
銀を引かせてきましたが、玉の堅さの差で手応えを感じました。
相手が居玉の内に再び開戦。角桂交換の駒損でしたが、
と金と堅陣が大きく優勢になり、そのまま押し切ることができました。
チームは4-3で勝ち。ひとつ勝ち勘定で誤算がありましたが、
1年生がヒーローとなってくれました。来年も期待してます!!!!!



今回もチームは3位でした。来年は主力が一人いなくなってしまうので、
今の位置をキープ、あるいはもっと上に行くには個のレベルアップが
最重要だと思います。自分も含め、みんなで頑張りましょう。

秋季団体戦

こんばんは。
初めまして2年のSTです。
本当は去年の新人戦の記事を今年の新人戦の時期に書きたかったのですが...
いろんな人に止められたので初登場はお預けになりました。

それではさっそく団体戦を振り返っていきましょう。。

1日目
0回戦:毎日大学で課題をやる日々が続く中、前日に「明日大会があるから早めに帰る」
ということで0時に大学を出るという絶妙手を放ち、楽々突破することができました。

1回戦:対南山
相手は新人戦の予選でも戦ったP君...ではありませんでした。何故??温存??
対右四間飛車に矢倉模様で応戦。。受け間違えたのかな?よくわからないうちに
攻め込まれましたが、飛車とらせれば何とかなると思い5五角と打ち、相手が
飛車を取ったので左右迎撃態勢をとることができ押し切れました。
チームは4-3で勝ち。温存されていなければどうなっていたのでしょうか?

2回戦:対中部
相矢倉になりました。右銀を保留して、囲い終わった後3八銀から1手早く先攻しました。
一方的に捌けて悪い気はしませんでしたが、2八と8二にいる飛車が強力すぎてうまい
攻めが見つかりませんでした。何気なく成った銀が相手の頓死を誘って勝ち。
受けられていたらおそらく負けていましたね...やはり飛車は強力と。。。
チームは6-1で勝ち。

3回戦:対名大
対右四間飛車...早い仕掛けに防戦一方。なんとか局面を収め、若干有利を意識し始めた
ところに飛車取りと二枚換え狙いの角打ち。正直この手は何とかなると思っており、
「両取り逃げるべからず」の格言通り放置して攻めたのですが、素直に飛車を逃げるべき
だったようです。居玉で王様ひとりぼっちが怖すぎてできなかったのですが、その局面の
急所は飛車でした。飛車を取られてからは為す術無く負け。
チームは2-5で負け。オーダーが読みやすくあたりも良かっただけに残念です。

2日目
0回戦:1日目の後、大学に帰還。1日目に絶妙手を放った反動がでてしまい、
課題が終わる目処がたたず家に帰ることができませんでした。8時に起きなければという
プレッシャーが襲い、6時半に起床。睡眠時間2時間ちょっとというフラフラの状態でしたが
なんとか突破。

4回戦:対名城
対右四間(ry
攻守ともに一手間違えると即負けになるような局面の連続。お互い神経を使う形は
結果千日手に。指し直し局も対右(ry...かと思いきや飛車位置を変えずに先攻されました。
先ほどのような頭を使う体力はもう残って無かったので素直に相手の要求を受け入れ、
きれいさっぱり清算することに。相手が角を手放した瞬間に5五に角を打つことができ、
少し良くなったと感じました。秒に追われながらも、なんとか勝つことができました。
チームは1-6で負け。毎回の光景になっていますが、次はなんとかしたいですね。

5回戦:対愛工
相居飛車。早々に飛車先の歩を交換でき、良くなったなーとぼーっとしていたら
いつの間にか棒銀が受からない形に。銀交換の際飛車で取られて8筋に転換を
見せられたら投了級でしたが角で取ってきたために局面を収めることに成功。
狙い澄ました玉頭殺到で勝つことができました。いくら体力が限界だったとはいえ、
一番内容の悪い将棋を指して反省です...
チームは 5-2で勝ち。

その後:再び大学に帰還.........

最終的な結果は3-2で今回もまた3位。上位は順位に沿った勝ち点となっており、
HP係的には作業が楽な結果となりました(ぇ
チームとしては、1年生も勝ち越している子が多く、来年以降さらに期待が
持てるのではないでしょうか。
全勝同士で名城-名大の決勝戦。この構図を崩せるようになりたいですね。

以上、平成28年度HP係がお送りしました。最後の方は上記のような事情もあり、
大幅に更新が遅れましたができる限り早い更新を心がけていましたが
いかがでしたでしょうか、、、
(なんかHP以外にも仕事して気はしますがおそらく気のせい)

それではこの辺で失礼します。
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

nitshogi

Author:nitshogi
名古屋工業大学将棋部のブログです。一応、部室のある部活です。
名工大の学生で将棋部に興味がある人は是非部室へGO!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。