FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生選手権/I

Iです。
先日学生将棋選手権の団体戦に参加せていただきました。

成績はチームとしても個人としても3勝2敗でした。
今回は全局角交換振り飛車を使用しましたが,序盤から見落としがあり苦しい展開になる試合が多かったです。
また優勢になってもなかなか決められず,逆転されそうになった将棋もありました。
学部生としては最後の大会でしたが結果・内容ともに満足できないものとなってしまい残念でした。

チームの中ではNM君が4勝1敗,そしてSG君が全勝と非常に活躍してくれました。
SG君は最終戦で京大Aチームにも勝ち、まさにエースと呼ぶにふさわさい活躍でした。
今後彼らや他の後輩が活躍できるよう応援しています。

自分は4月から院生になり忙しくなると思いますが,たまには部室に顔を出そうと思います。
それから部員の皆さん,ブログの更新はもっと頑張ってくださいね。
スポンサーサイト

秋季個人戦・団体戦/I

Iです。秋季個人戦・団体戦の総括です。



まず個人戦、前回と同様にベスト8という結果でした。
ひどい将棋も多かったですが、2大会続けて2日目まで残れて嬉しかったです。
しかしベスト8での名城のO君戦では、いいところなくボコボコにされてしまい、実力差を思い知らされました。



次に団体戦、個人としては全勝、チームとしては4位以上(つまり入れ替え戦なしで残留)を目標に戦いました。

しかし一日目、エースのNM君が遅刻という緊急事態発生!

一回戦は名大戦。
自分の相手はS木さん、2年生の中部オールで負けて以来の再戦でした。
あの時のリベンジを、と思っていたのですが序盤で角損の大ポカをやらかしてそのまま完敗。
早くも全勝が消えてしまい、チームも2-5で負け。N野君がM島さんに勝つという健闘をみせてくれていたので、本当に不甲斐なかったです。
ちなみにNM君の遅刻ですが、2-5だったのでチームの勝敗には影響しなかった、ということでで良しとしましょう。

二回戦は名城戦。
この試合にはNM君は間に合いましたが、NM君の記事にありように、彼の相手が因縁深いPUNI太君だったのでこれは面白そうだと思いました。
自分は途中、即死級の手を相手が見逃してくたおかげで勝ち。命拾いしました。
チームは1-6で負け。オーダー的に面白そうだと思っていたのですが残念です。

三回戦は滋賀大戦。
ここは是が非でも勝ちたいところ。こちらの全力オーダーをぶつけました。
結果は自分、S、NM君、SG君が勝ち、チームは4-3で勝利。どうやら滋賀大は秘密兵器がいたようで、ギリギリの勝利でした。いろいろありましたが一日目は何とか無事に終わったかな、と思いました。

二日目、NM君が遅刻しなかったので一安心。

四回戦は三重戦。
自分の相手は三重の部長T田君、彼とは小学生からの長い付き合いでしたが、公式戦では当たるのは本当に久しぶりで、多分小学生の時以来だと思います。
将棋はこちらが序盤から奇襲を仕掛け、それを相手が受けるという展開に。途中までうまく受けられましたが、相手が逆襲してきたスキをついて飛車を成り、そのまま勝つことができました。
しかしチームとしては2-5で負け。自分以外の対戦相手を見ると、どこも実力拮抗の勝負になっており、NM君がオーダーを考えたSG君に文句を言っていました。自分はこの試合はそれほど悪いオーダーとは思っていませんでしたが、どうやらそもそも初期オーダーが偏りすぎでまずかったようです。

最終戦は静岡戦。
この時点で、チームが勝利で4位以上で残留確定、3-4なら5位以上、2-5以下なら降級確定、という状況でした。
結果は3-4で負け。ちなみに勝ったのは自分、S、NM君の3人でした。(SG・・・
他大学の試合の結果結局5位となり、またしても(4期連続)入れ替え戦に回ることとなりました。

入れ替え戦の相手は中部大学。
入れ替え戦回避、という目標は達成できず残念でしたが、気持ちを入れ替えて臨みました。
自分の将棋は、序盤で優勢となるもこちらがポカを連発し逆襲を食らってしまい、かなり追い詰めらましたが何とか受けきって勝つことができました。ちなみに自玉に即詰みがあったようで、薄氷の勝利でした。
チームも5-0で勝つことができ、残留を決めることができました。

今回で自分とSは団体戦は最後ですが、来年はまだNM君がいますし、SG君も当分の間在籍してくれると思うので(笑、名工大はまだまだまだA級で戦っていけると信じています。



さて、今までの大会の将棋を振り返ると、劣勢になってから終盤での逆転が多かったと感じます。自分は以前このブログで終盤力が大事と書いた通り、終盤力を鍛えましたがその結果終盤に偏った将棋になったようで、終盤での力を普段から出せるように努めればもっと上のレベルを目指せたのではないか、と思います。とあるプロ棋士の言葉を借りれば、序盤、中盤、終盤、隙がない人が強い、ということですね。

今回で大学の団体戦は最後ですが、まだキリン杯などの大会には参加すると思うので、卒論を無事完成させることができたらまた将棋に力を入れていこうと思います。






中部オール/I

こんにちは、Iです。
先日行われた中部オール学生選手権を振り返っていこうと思います。

名工大の参加者は私とSG君、ワトソン君の3人でした。できれば下級生にもっと参加してもらいたかったですね。中部オールは小学生から出場可能な大会で、強い小学生にボコられることもよくありますが、それもいい経験になると思います。

予選は2勝1敗で何とか突破できました。最近は調子が悪かったので(大会前はいつもこんな気が…)不安でしたが、今回に向けて研究した戦法がうまく決まったと思います。

名工大で予選突破したのは僕とSG君の2人でした。ワトソン君は予選敗退でしたが、彼は中部のホームページ担当で、大会中もずっとパソコンに対局結果を打ち込んでいました。本当にお疲れ様でした。

そして本選1回戦、くじ引きで僕の神ドローにより、相手はSG君に決定。

私「SG君、次の相手俺ね」
SG「F●CK」
ワトソン「どうしてこうなった」

普段から部室で対局しているので、相手の手の内はよくわかっていました。予定通り角交換四間飛車から仕掛けて有利となりましたが、図の△8二歩がうまいで、▲8四馬には△6二角とぶつけられ、飛車打ちのスキを消されます。結局▲6一馬に▽4一飛と打たれて働きに差があった馬と角の交換になり、思ったほどよくはありませんでした。



少し焦りましたが、この後相手の玉頭攻めに対し、うまく反撃して勝つことができました。ちなみにSG君は負けた後すぐに他大学の人とカラオケに行きました。俺も行きたかった

続く2回戦、相手は中学生の子でした。2回戦で負けたらSG君に申し訳ないと思い、気合を入れて臨みました。

相振り飛車の出だしから乱戦の将棋となり、うまく相手の攻めをしのいで優勢になりましたが、最後駒を渡して相手玉を詰ましに言ったところ、読みぬけがあり詰まずに逆転負け。無理に詰ましにいかなくても勝ちだったので、ひどい負け方でした。

SG君ごめんなさい



春季団体戦/I

Iです。遅くなりましたが、春季団体戦を振り返っていこうと思います。

すでにNM君が書いて通り、名工大はまたしても5位で入れ替え戦に回ることになりましたが、そこで何とか勝ってA級に残留できました。ただ今回は上位を狙っていたので悔しい結果でした。部員の皆さんにはもっと上のレベルを目指してほしい、そう願っています。

個人としての結果は入れ替え戦含め5勝1敗とまずまずでした。1敗は名城戦での逆転負けで、まだまだ鍛えが足りませんでした。この負けで敢闘賞(3位以下のチームの全勝者)を逃してしまい残念でした。

最後に今回の自分の将棋を一局紹介したいと思います。

王手飛車


これは自分が後手番で、△7四歩とついたため▲5五角で王手飛車を食らったというひどい将棋でした。しかし、これで負けては部員に顔向けできないと思い△3三角と打って相手の飛車を狙ったり端攻めしたりとあがいた結果、逆転勝ちすることができました。

どんなに負けていてる将棋でも逆転のチャンスはあるものです。
最後まであきらめずに戦いましょう。

春季個人戦/I

Iです。
春季個人戦を振り返ります。



予選1回戦、相手は名城のOさん。
四間飛車穴熊に組んで快勝しました。
まずまずの出だしでした。

予選2回戦、相手は静岡のFさん。
相手の石田流に対し銀冠に組み袖飛車で仕掛けました。
不利な分かれでしたが最後は銀冠の堅さを活かして勝てました。

これで自分は予選突破。二連勝で決めることができてよかったです。



本戦1回戦、相手は名大のToさん。
こちらのゴキ中に対し相手は角交換型でした。
途中攻めあぐねてしまいましたが、何とか手を作って攻め勝てました。

本戦2回戦、相手は名大のTaさん。
相振りでこちらの三間飛車対に対し相手は矢倉に組んできました。
本局も攻めあぐねてしまいましたが、何とか寄せ切って勝てました。
この2局はどちらも無理攻めをして苦しくなったので反省しないといけませんね。

本戦3回戦、相手は愛学のKさん。
こちらのゴキ中に対し相手は角交換型でした。ゴキ中対策には角交換型が流行っているのでしょうか?
相手のミスもありましたが、手堅い指し回しで快勝できました。

これで1日目は終了。初めて2日目まで残ることができました。



準々決勝、相手は名大のIwさん。
こちらの先手中飛車に対し相手は引き角で対抗。この形はよく指していたので自信がありました。
序中盤はうまく指せて優勢になれましたが、終盤で秒読みに入ってからミスを連発し、逆転負けをしてしまいました。
本局以外でも秒読みに入ると乱れることが多かったので、そこが課題だと思いました。



今回は運よくベスト8まで残れましたが、せっかくのチャンスなのに敗退してしまったので本当に悔しかったです。
しかしまだ団体戦が残っています。
部員の皆さんも負けて悔しかったと思いますが、その悔しさを次の団体戦にぶつけていきましょう!






11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

nitshogi

Author:nitshogi
名古屋工業大学将棋部のブログです。一応、部室のある部活です。
名工大の学生で将棋部に興味がある人は是非部室へGO!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。