FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間テスト開始

Sです。中間テストがぼちぼちと始まって来ましたね。

団体戦も終わり、中間テストが始まってきたせいか、部活はあまり活気がありません。
そんな中、交流戦のニュースが。一年生の初級者、中級者メインで他大学と、軽く交流戦をやるようですね。

いろいろな棋風の人と指すことは、自分の将棋の幅を広げるチャンスなので、ぜひとも参加して欲しいです。
実際に面と向かって指すことで、モチベーションも上がりますしね。

将棋が強くなってほしいのも、もちろんですが、それ以前に、初級者には、交流戦を通じて、将棋の楽しさをもっと知ってもらえると嬉しいです。

梅雨のジトジトに負けずに、中間テスト頑張りましょう。特にSG。
スポンサーサイト

more...

新歓

SGです。 中間テストの時期?何それ美味しいの?

先週、新歓がありました。場所は大須の中華料理屋さん。
なんか予約が楽とかで、去年も部で何回か行ったとこですね。

この店の特徴は、激辛麻婆豆腐ですかね。言葉で表現すると、
「辛い!つーか痛い!・・・しかしあとから来るこの(味噌の)風味・・・
これは案外味わい深いかもしれない」みたいな
辛いのが苦手な人もいるので割と辛党の自分が担当する量が多くなるんですが、
去年は丼に丸々一杯食わされた挙句
「SGくんこれ追加ね~」と手つかずの丼を渡されました。キレてよかったんじゃないだろうか。
もちろん食べましたが。

今年は丼に半分ほど残ってるのが3、4杯来たかな・・・
まあでも今年は1年生に辛党の子が数人いたので自分の負担は1/4ぐらいですか。
とある子は「辛味は旨みじゃない!痛いのが辛味だ!」みたいなこと言ってました。
ほんとに今年の新入生は逸材ぞろいですね。

新歓が終わったあとは合宿がありました。
名工将棋部における合宿とは
「普段重くて動かせないようなボードゲームを徹夜でやり続けること」を指します。
決して将棋がメインには成りえません。念のため。

合宿所に行ってみると、見慣れない人が・・・

先代ゲームマスターでした。部室にボードゲームを持ち込んだ最初の人ですかね。

真ん中に教祖が立ち、周りのみんなが目を伏せて床をカタカタ鳴らす怪しい宗教ゲームをしたあと、
先代ゲームマスターに将棋を教わる機会がありました。
数時間前A先輩にゲームマスターが圧勝しているのを見たので、
集中して臨みました。 その時の棋譜貼っときます。

more...

春季団体戦/SG

SGです。大会総括書こうと思ったんですが、出遅れたので自戦記だけ書きます。

ゴールデンウィークあたりから詰将棋を結構解いていたので、
「まあ終盤ファンタとか呼ばれることはないだろw」ぐらいの気持ちで臨みました。
ちなみにオーダーを考えたのは自称天使のNM。
やっぱりオーダー係って性格が大事だよね。うん。

1日目。

1局目は対名大。
NM「SGく~ん。負けたら処刑ね(ニッコリ)」
SG「お、おう」


負けました。

相矢倉で先手の16歩に14歩と受けたら端棒銀されそうになったので、
中央から反発しようとしたら逆に先手に中央から攻められました。
途中、こちらにチャンスがあり、自分も気づいていたんですが、
「こ、こんな変化怖くて飛び込めないよ・・・」で穏やかな順を選び、
そのまま相手に攻め潰されるハメに・・・

2局目。対名城。
NM「・・・」
SG「・・・」(ガクブル・・・)

負けました。角換わりから先手(名城)腰掛け銀後手(SG)早繰り銀になったんですが、
中盤でうまい手を指され劣勢になりました。
その後一回逆転したっぽいんですが、
自玉が不安定だったのですぐ再逆転され、最終的には圧敗。

3局目。対岐阜大。
NM「ここで負けたら退学ね」
SG「か、勝ったら…?」
NM「退学」
僕に選択の権利はないようです・・・

相手が四間飛車をやってきたので、いつものように串カツに。
中盤駒得して優勢になったんですが、終盤もたついてしまい微妙な形勢に。
まあでも最後は相手の小ミスもあり、なんとか押し切って勝ち。

2日目。
NM「今日全勝したら名大の負けは許してやるよ」
SG「えっホント!?・・・あれ名城は?」
NM「・・・」
NMくんマジ天使(笑)

1局目。対三重。
1日目の串カツが見事に決まったので連採することに。
中盤の終わりあたりで固さ+桂馬の差(先手(SG)45桂対後手(三重)21桂)で
先手有利だったんですが、串カツの弱点である端を狙われヒヤリ。
まあでも最後はなけなしの終盤力をフルに使って詰まして勝ち。

2局目。対静岡。
相手が先手三間飛車だったので飯島流引き角やろうとしたら
モロ咎めに来られたので断念。無難な組み合いになりました。
途中先手から千日手を誘ってきたんですが、持ち時間で10分以上負けていたので拒否。
高美濃の弱点である桂頭を攻めつつ中央突破を図ったところ、なんかうまくいきました。
その後後手勝ちの変化になったと思うんですが、SGの驚異の終盤力により相入玉模様に。
この辺で自分の寄せのクズさに嫌気がさして舌打ち連発など対局マナーが最悪レベルに。
対戦相手の方、申し訳ありませんでした。
実戦は、点数はこちらがか34点以上でほぼ勝ち確だったんですが、
チーム順位は変わらなかったので引き分けに。

3局目。入れ替え戦。対滋賀。
例によって飯島流に組んでいたら先手が穴熊に組んできたので、
それに追随する形で相穴熊に。
よくわからない中盤を抜け、終盤は先手54銀、44歩の拠点VS後手固さ、龍、桂得の勝負に。
先手の金銀がよろしくない配置だったので、
端攻めを仕掛けたら綺麗に決まり、優勢を確信
・・・したんですが、局後他大学の方に自分の負け筋を示され、
NMに「こんなん一目やろ」と追い討ちをかけられ、
SGの精神はズタボロに・・・
ともあれ、対局中は両者気づかず、何事もなくその変化を素通りし、
最後は端攻めを活かして寄せきりました。

一応棋譜とか貼っておきます。

more...

団体戦総括

どうも、Iです。少し遅れてしまいましたが、団体戦の総括です。

今回は自分が不甲斐ないせいで、他のメンバーに迷惑をかけてしまいました。
成績も2勝4敗と振るいませんでしたが、部長なのにNM君にオーダーを一任してしまったせいで、静大戦のオーダー表のミスに気が付かなかったことは深く反省しています。

しかし部室ではもっぱら戦犯はABO先輩で一致している模様です。というのも、残留がかかった静大戦であまりにもひどい将棋を指したからです。どれくらいひどいかというと、相振り飛車の序盤早々に受け間違えて囲いが崩壊し、さらに飛車角両取りをかけられる、というものでした。というわけで、ABO先輩には団体戦に出場した1年生全員の新歓代を払ってもらいましょう。

自分の将棋の内容も少し振り返ります。今回は全局角交換振り飛車を採用しましたが、序盤から中盤にかけて劣勢に立たされる将棋ばかりでした。まだまだ角交換振り飛車は経験が不足していると痛感しました。また、相変わらず読み抜けもひどかったので、何とか修正したいところです。

さて、春季団体戦は無事残留することができましたが、次の団体戦に向けて名工大将棋部のレベルをさらに上げる必要があると思います。そのために、部室の対局以外に、東海リーグ、他大学との練習試合などで対局を多くこなしていこうと思います。

団体戦/NM

どうも、NMです。

本当は昨日書こうと思ったんだけど、記事全部消えたよね。




第一戦目は名大と。

今回オーダーはすべて私が考えたんですが、理由は名大の戦力を大体把握しているからだそうです。

そんなの名前が知れてる人はみんな知ってるし、だれが組んでも変わらなくね?と思いました。

しかし偶然にもオーダーはうちにしては100点の出来。

I山くんには、バイトしたお金をお菓子とキャ◯クラにつぎ込むABOを当てれたし。

そして私はK野さんと。

Kさんとは名大にお邪魔した時に何回か対局させていただいたことがあったんですが、公式戦では初めてだと思います。

Kさんが「NMくんは相掛かり強いから回避した。」と局後おっしゃっていました。

そんなことないよ?(^ω^)

ゆえに戦型はKさんの先手一手損角換わり。

形を勘違いして余分に歩を突き捨ててしまい、

さらには攻める側なのに相手の攻めを催促するというちぐはぐ状態。

案の定相手に形勢が傾いた瞬間に、一発はいるかはいらないかぐらいの微妙なおまじないを一発入れてみました。

その時私は秒読みでKさんは残り4分程。

Kさんが考えてるときは、おまじないが利くよう祈ってました。

そしてKさんが残り時間全てを使い指した手があまりよろしくなかったらしく、そこから10手で急転直下の勝利。

チームは2-5負け。

さすが名大。地力の差がはっきり出てしまいました。



第二戦目は名城大。

これもなぜかオーダーは良かったです。

私はO田さんと。

戦型は予想通り対角交換四間穴熊。

途中私から仕掛けたんですが、Oさんの軽い差し回しに苦戦を覚悟。

しかし、戦いが進むうちにそこまで差はついてなく、むしろこちらががんばれば受け切れそうな展開。

けどここで時間の差が20分ぐらいあったよね。

相手はがっちがちの熊さん。

私は早指しか長考派と言われればほぼ確実に前者。

攻め将棋か受け将棋かと言われればほぼ確実に前者。

途中で我慢できなくて暴発したら、きっちり読みきられましたとさ。

ゆえに負け。

チームは1-6で負け。

しかしSさんが、理事長相手に角頭歩使って勝つとはさすがです。



第三戦目は岐阜大と。

戦力は正直こちらが上だと読んでいたので、一年生を多めに出してみました。

そして予想通り自分はS藤さんと。

S藤さんとは二戦二勝でしたが、個人戦ベスト8であり、油断のならない相手。

戦型は今はやりの対4→3戦法。

イメージとしては個人戦で戦った滋賀大のS下さんとの対局を思い出してました。

しかし途中で相手に見落としがあり、すんなりと桂得。優勢を意識しました。

ここで両隣を見回してみると、2人(1年生)ともきつそう。

するとここで突然Iさん投了。

え?(゚Д゚)。_。)゚Д゚)。_。)゚Д゚)。_。)゚Д゚)

その後両隣の一年生も投了。

その隣の一年生も投了。

負けちゃったじゃないですか嫌だー。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚

となって突然対局中の態度が悪くなったように思います。ごめんなさい。

相手の方も粘ってきたので、普段と同じようにバーモンドカレーの甘口ぐらいの辛さで勝ちました。

しかし、局後発覚したのはSさんも負け。

ポカだったからどうしようもなかったと。

SGはさすがに勝ってくれたみたいで2-5負け。

手痛い敗戦となってしまいました。

これで1日目終了なんですが、状況を整理すると三重大に勝つと入れ替え戦以上が確定。負けるとB級ばいばーいってな感じでした。



第四戦目は三重大と。

オーダーを考えるに当たって、まず重要だったのは相手の主力のM浦さんの存在。

しかしどうやらいらっしゃらなかったので、こんなもんだろと思いオーダーを作成。

すると見事に全部当たっていました。やったね!

私はF島さんと。

Fさんとは新人戦の予選一回戦で当たったのを覚えています。

たしかその時は相手の見落としが重なり、中押し勝ちだったのですが、どう考えても強くなってるだろと思い本気で指しました。

戦型は私がたまーに指すひねり飛車。

たまーにだよたまーに。

序盤は悪い気はしなかったのですが、中盤から押され気味に。

堅さだけが取り柄だった我が陣も、相手に渋い手を指され守備力逆転。

あれ?負けてね?と思いながらも指していたところ、相手のミスがあり飛車ゲット!

しかしその後自分が受けすぎたのか、攻めをつながれ流れは完璧に相手に。

そして時間が経てば経つほど私が負けそう。

しかも相手は時間をまだ残している。(私は秒読み)

がんばって辛抱して、とりあえず相手の時間を秒読みにさせることに成功。

秒読みとまだ時間ある状態じゃ、心理的に相当差あるからね。

局面がド必敗だったのは自明だったんで、気合でノータイムで指していたら、

最終盤で相手に2,3手連続で悪手が飛び出してしまい、そこで逆転。

無事勝つことが出来ました。

最後らへん、ギャラリーの雰囲気で3-3で私の対局が勝負だと分かったので、

投了するまで諦めずにがんばった結果だと思います。

局後にSさんに「NMくんきもい」と言われました。

勝負ですから何が起こるかわからないですからね。

チームも4-3で勝ち。

この勝ちは本当に大きかったです。



第五戦目は静大と。

いつものようにオーダー開けてみたら、あちらのオーダーはまたもや全部的中。

しかし私が記入ミスをしてしまい、Sさん対局できずに7将は不戦敗という結果に。

Sさん申し訳なかったです。

脳裏によぎったのは、東大VS北大の0-7だったので、全て不戦敗とはならずに良かったです。

私はM本さんと。

角換えるのイヤだなとか思っていたらいつの間にか私の飛車が左から四番目。

正直言ってこの対局は何も言えないぐらいひどかったです。

メンタルがやられたといういい訳にしときます。

チームはSGが引き分けたため1.5-5.5で負け。

これは私の責任で申し訳ないです。



全て終わって名工は5位ということで、滋賀大との入れ替え戦へ。

オーダーは適当に考えましたが、S下さんは2~4だと思ったので、私は5へ。

名前忘れちゃったんですが、確かMさんという方でした。

居飛車銀冠VS四間飛車穴熊から相手がいきなり仕掛けてきたんですが、さすがに無理だったようで私の勝ち。

ほぼ同時ぐらいにIさんが負けてしまいました。

Sさんは勝ったようで、これで名工の2-1。

SGも途中負け筋もあったようですが、なんとか勝っていました。

これでようやく名工の残留が確定してほっとしました。

いやほんとあのオーダーミスのせいで、A級からおちたとかになったらお話にならなかったからね。

NNくんは負けちゃったみたいですが、チームとしては3-2勝ち。

最後の最後で踏みとどまれたような気がします。



春の団体戦が終わってから次の大会まで大分時間があるので、どうしようかと考えてるところですが、とりあえずはゆっくりしようと思ってます。

しかし、一年生の部員の育成。

これは急務ですね。他の大学さんを見習いたいです。

長文となってしまいましたが、どうせSGが面白くブログを書いてくれるので真面目な私はこれで失礼します。

団体戦二日目/S

Sです。団体戦二日目について軽く書きます。



二日目初戦は名工大対三重大。
私の相手は三重大のKさんと。
角交換振り飛車の調子がどうにも悪いので、先回好調だった角頭歩戦法を採用。
相手の方が振り飛車党だったようで、序盤は変でしたが、結局普通の相振り飛車の定跡に合流しました。

最速で棒銀を繰り出して、作戦勝ちし、勝利することができました。早い寄せはあったと思いましたが、慎重に自陣に駒を埋めまくり、昨日みたいに負けないように指すことができました。

チーム全体は4-3で勝利。3-3でど必敗の中、終盤でまくったNMくんはやばいですね。さすがです。



二戦目は静大と。食蜂さんに捧げられるような、素晴らしい将棋である、角頭歩を指すためにやる気は満々。しかし、オーダーに不備があり、 「おめーの席ねぇから!」状態になりました。ケアレスミスを起こすとは・・・我々は何者かにメンタルアウトされたんですか。

まあ、出られないのはルールだから仕方ありませんね。
どうしようもないので、味方に向かって

( ^ν^)「負けたら○発しろよ」

という念を込めていました。
ただ、NMくんは怖かったので、( ^ν^)「頑張ってね♡」という念を送っておきました。

ABOの将棋は本当にひどかったです。いったい何年生きているんだか。大駒二枚取られてました。
NMくんはメンタルがやられたらしく、さっきとはうって変わってあっさり負けていました。
SGはKYなので、終わらない入玉戦をやっていました。結局引き分けになりましたが。

試合後にNMくんに「なに負けてんだよwww」と言って、ケツをリズムよくセンスで叩いたところ、
(#^ω^)「ブチ切れますよ」
と言われました。

調子に乗ってすみません。そうですね。私、岐阜戦の戦犯ですもんね。オーダーミスったあとも、暇なのに、ケアしなくてすみません。

というか、オーダーのチェックを三年生がしなくて、本当にすみません。よけいに精神的な負担をかけてしまいました。

チームは負け。レールガンの一話だけをもう一度見なおして、傷ついた心をあとで癒したいと思います。



そして、滋賀大との入れ替え戦へ突入。
去年の悪夢を思い出しました。念のため、静大戦中にB級をスパイしたところ、なかなかの実力者が揃っている感じでした。

入れ替え戦は今回も名工大と滋賀大。
私の相手は滋賀大のKさん。
名工大将棋部のチェーザレ公、NMくんのため、そして、後輩のため、絶対に負けられない勝負。
戦法は、伝家の宝刀、角頭歩戦法を使用。

相手が飛車を振ってきたので、角交換振り飛車の相振り飛車模様に。ただ、角交換振り飛車のときよりも少し特をしていたような気がします。これも、速攻棒銀を繰り出して、なんとか勝つことができました。棒銀はいい戦法ですね。

チームはSG、S、NMが勝ってなんとか勝ち。這いつくばって残留が果たせました。
さすがに落ちたら、今季良い仕事をした、オーダー係に面目が立たないので、勝って最低限をクリアし少しホッとしました。

どうにか、秋に優勝目指して、再チャレンジできるようになったので、不甲斐ない上級生を許してください。(´・ω・`)

まあ、反省はいろいろありますが、今日はこのくらいにしておきます。

来季に向けて一年生を第二のNMくんに育てて行きたいですね。今回みたく、NMくんに負担が集中してしないように、上級生も今より強くならないといけませんね。

激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム/団体戦

激おこプンプン丸のSです。負け将棋の内容がひどすぎますね。
部長いわく、S+I+○uckingSGを合わせると、激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム、だそうです。
団体戦について、一日目を振り返って、将棋の内容のみ書きます。以下長文注意。


一戦目。名古屋工業大学対名古屋大学。
私の相手はIさん。
NMくんの悪魔のオーダーが炸裂しました。
意外と才能あるんですね。オーダー係が見つかり、将棋部もしばらくオーダーに関しては安泰です。

対角交換振り飛車。自分が角交換振り飛車を指すので定跡はしっているつもりでしたが、序盤は作戦負け。最近は、中終盤に重きを置いているので、それは仕方ないと思ったのですが、その後がひどかったです。
粘るために角を打って馬を作ろうとしたところ、角が死んで試合終了。

ホントは死なないはずでしたが、妄想でした。読み抜けがひどかったです。
表情を隠す必要がないくらい苦しい将棋でした。感想戦をする価値がない将棋でした。ムカ着火ファイヤー。

顔が自分でもわかるほど、紅潮するほど真剣に将棋をさしたのは久しぶりだったので、その感覚を思い出したことが、唯一得たものですか。

チームは負け。


休憩中:コーラを買いに自動ドアを出て、雨の中、すぐ近くにある自販機に行き、コーラがないのにショックを受けたあと、また自動ドアに戻ったら、なぜか、ドアがあきませんでした。ふぇぇ。助けてくれた、中の人、ありがとうございました。。


二戦目。名工大対名城大学
私の相手はHさん。
Hさんとは、1回指したことがあり、序盤がかなり強い印象がありました。
角交換振り飛車を採用すると、先回の個人戦のように、圧倒的作戦負けに陥り、
何もすることがなく負けそうなので、力戦志向で伝家の宝刀、角頭歩戦法を採用。

これが功を奏し?、構想力勝負を制して勝利することができました。
しかし、このレベルの人になると、仕留めるまでが大変ですね。あと数手で勝ちだろうと思ったところ、
尋常じゃない手順で粘られ、数回ヒヤッとしました。

チームは負け。


三戦目。岐阜大学のFさんと。
戦型は相振り飛車。途中作戦勝ちしたのですが、酷いポカがあり、角と飛車+桂+香交換に。
あとは、相手の駒得が生きて負け。これも感想戦をするポイントのないひどい将棋でした。

弱いから負けるのはどうしようもないですが、ボロ雑巾になるまで指すことのできない負け方は、
いくらなんでもないですね。カム着火インフェルノーォォォオオウ。


そして、試合後、部室で部長が特訓をしたいというので付いて行きました。
ただ、私は放心状態。Wくんと指したところ、飛車に角の動きをさせて、反則負けしました。



明日は、三重、静岡、+α戦。
なんとか、後輩のために這いつくばって、残留したいと思います。

more...

団体戦/教室までの地図

名工大地図

名古屋工業大学の正門から52号館一階5214教室までの道のりをアップします。

正門前にある電子看板に「将棋」というと、名工大の正門から52号館までの道のりがわかります。

団体戦に向けて

こんばんは、Iです。ここ数日徹夜で意識がもうろうとしていますが書き込みさせていただきます。

今週はいよいよ団体戦があるので、それに向けて部室で将棋三昧といきたいところですが、週末が団体戦でつぶれることを考えると、大学の課題を終わらせなければいけません。やはり大学生たる者、勉強が最優先です。もちろん課題はできるだけ早く終わらせて、将棋に集中したいところです。

さて、今回の団体戦、自分の目標はズバリ優勝です。今の名工大の戦力では厳しいことは百も承知ですが、今回のように名工大で開催できる機会は滅多にないと思うので、あえて高い目標を掲げていきます。まあ本当に優勝するなら最低でも自分とSG君が全勝する必要がありそうですね。

そういうわけで、今週はGW明けですが、いつも以上に気合を入れていきます!



S・ザ・わーるど

天敵は花粉とリア充のSです。

個人戦が一日目で終わったので、2日目はたまっていたビデオを見ていました。
レールガンは食蜂さんが出てきたのでテンションがあがりました。壊れた精神が回復しました。食蜂さんは今季の希望の星ですね。

今後の展開で食蜂さんが活躍することを祈っています。2話と3話目はどうでもいいキャラが、どうでもいいことをしていたので、どうでもいいです。

昨日は、近くにある大高の映画館で、図書館戦争を観に行って来ました。男二人で。
感想としては、榮倉奈々がかわいかったことが印象に残りました。内容はまあまあ、楽しめました。

ただ、書籍を全部電子化すれば、焚書するのが難しくなるので、
武装して戦う必要はなくなるのではないか、という物語上の疑問は残りました。

まあ、フィクションの設定にケチを付けるのは、無粋ですか。

SFでは、ロボットに人が乗って戦うというシーンや設定がよくありますが、
それだけの高度なロボットを作る技術があるなら、なぜ遠隔操作や、自動操縦で戦わないのかという疑問はよくありますね。

そういう話をガンダム好きの友人に話したら、なにかまくし立てられました。詳しい内容は忘れましたが。




さて、先日行われた個人戦について、備忘録も兼ねて書いておきます。

予選一回目。名大のHさんと。
角交換振り飛車を採用。序盤作戦負けしたかなと思いましたが、相手が仕掛けてきた時に、振り飛車らしく、手に乗ってさばて勝つことができました。

対局中、相手の時計が20分で切れてしまうというトラブルには驚きました。対局前の時計の設定の確認は大事ですね。Tさん時計の再設定ありがとうございました。

予選二回目。愛工大のTさんと。
相手が中飛車を採用してきたので、気分で相中飛車を採用。力戦模様の将棋はおもしろいですね。
途中、銀得対駒効率が争点になりましたが、それを制して勝利することができました。

予選2勝で通過。ストレートで通過できたのは初めてだったので嬉しかったです。



本選一回目。静大のSさんと。
戦型は相振り飛車に。途中相手の方に勘違いがあったようで、銀得に。寄せはかなりひどかったように思いますが、駒得が生きて勝利しました。

本選二回目。南山大のTさんと。
研究してきた角交換振り飛車で勝負。でしたが、序盤で知識負けしていました。時間も使いきりました。終わり。聖杯戦争リタイア。
端攻めなど、相手の負担を増やす、実際的な将棋の勝ち方は非常に参考になりました。



個人戦は燃え尽きたので、団体戦に向けて頑張ろうと思います。
具体的には9手詰めをたくさんこなしていきたいと思います。
04 | 2013/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

nitshogi

Author:nitshogi
名古屋工業大学将棋部のブログです。一応、部室のある部活です。
名工大の学生で将棋部に興味がある人は是非部室へGO!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。