FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋季個人戦

 部長のIです。秋季個人戦の総括です。

 今回自分の成績はベスト16でした。内容はひどい将棋ばかりで、ここまで来れたのが自分でも驚きでした。
 本選1回戦では名大のOさんで、相手の石田流に対して無理な仕掛けをして劣勢になりましたが、終盤力だけでなんとか逆転勝ちできました。
 ベスト8をかけた相手は名城大のKさんでした。相振り飛車になり中盤まではいい勝負でしたが、飛車をほとんどタダでとられてしまい、あとは一方的に負かされました。飛車の逃げ場所を間違えたのがひどかったです。

 1年生はIN君とNT君が予選突破しました。2人とも本戦では初戦敗退でしたが、よく指せていたと思います。
 予選敗退の子も皆1勝はできたので、実力はついてきてる思います。ただ、ワトソン君は終盤での逆転負けが多かったのが残念でした。

 僕以外の上級生は、SG君、Sがベスト8まで残り、そしてNMくんが優勝を果たしました。
 Sは名大のSZさん、SG君は名大のT君戦で敗退でした。前者は相手が絶好調で勝負所がなかったですか、後者は逆転負けだったのが残念でした。
 そしてNM君は準々決勝で自分が負けたKさんに快勝し、準決勝では理事長のH君に逆転勝利、決勝でも名大のSZさんに逆転勝利をおさめ、見事優勝を果たしました。

 今回の大会を総括すると、将棋は終盤力です。序盤でどれだけ差がつこうとも、終盤力が強いほうが勝つ、と自分の対局や観戦から感じました。
 NM君は終盤の指し方を熟知しているのに加え、秒読みでも最後まで読み切れる力がありました。1年生は終盤力はまだまだだと思うので、詰将棋を解いたり、寄せの手筋を勉強したりして、終盤力を磨いてほしいと思います。
SG君は…あれが彼の持ち味でもあるので仕方ないでしょう(笑)

 最後に、恥ずかしながら最近将棋をあまりやっていませんでしたが、他の方が皆頑張っていると感じたので、自分も団体戦に向けて気合いを入れていきます。

 おまけ NM君おすすめの終盤本
1.谷川浩司 : 高速の終盤術   (将棋連盟文庫)
2.米永邦雄 : 逆転のテクニック(将棋連盟文庫)
3.山崎 隆之 : 逆転のメカニズム(マイナビ将棋books)
 

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

<訂正>

×終盤のメカニズム 宮田敦史著
⚪︎逆転のメカニズム 山崎隆史著
09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

nitshogi

Author:nitshogi
名古屋工業大学将棋部のブログです。一応、部室のある部活です。
名工大の学生で将棋部に興味がある人は是非部室へGO!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。