FC2ブログ

秋季個人戦 Sの場合

どうも、Sです。
先日SGが書いたSはフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

後輩二人が書いたので、私も秋季個人戦について書きます。



予選一回目。静大のK氏と。

3三角戦法を採用。序盤駒組みに失敗し、手詰まり模様になりましたが、無理っぽい打開が通り、馬を作ることに成功。やや指しやすい状態で終盤に入ることができたのですが、寄せで決め手を逃し、あっという間に負けに。
やはり、静大の層の厚さを感じました。


予選二回目愛工大のT氏と。

SGの情報より中飛車が得意なことが判明。ということで、力戦志向で角頭歩戦法を採用。
序盤早々馬ができて優勢になったのですが、相手の迫力ある攻めに怯んで、終盤では混沌とした形勢に。
途中負けが何回かよぎりましたが、なんとか制して勝利。


ラッキーにも三人リーグだったので、一勝で予選通過。個人戦で初通過できたのは嬉しかったです。



くじを引こうとトーナメント表を見るとI、SG、NNの名前がありました。みなさん、さすがですね。
さらに当然のごとくNMの名前を探すと・・・・・ない。注意深く探してみても・・・・・ない


西日本大会ベスト8新人王のNMの名前がない・・・
部内で勝率9割5分のNMの名前がない・・・
勝勢の将棋で、さらに激辛の手を指すNMの名前がない・・・
リア充の味方をするNMの名前がない・・・・



あれ?あれ???あれれ???????







m9(^Д^)プギャー



まあ、大会前日くらいにNMと対局をしたところ風邪で頭がやられているのか、将棋が弱くなっていたので、嫌な予感はしていたのですが。

一に健康、二に学業、三に将棋です。中間テストもあるので、風邪はしっかり治してくださいね。将棋を抜きにしても自己管理は大事です。

もうNMくんをdisれる機会は二度とないと思いますが、今のうちに、disれるときに、disっておきます。勝負の世界は厳しいですね。




閑話休題。



本戦一回戦(逆シード)。三重大のK氏と。

今度は相手に3三角戦法を採用されました。こちらは角交換をして自陣角を打ち桂頭を狙う方針で行きましたが、桂をうまく捌かれてしまい、丸々純粋金損。そのままずるずる、終盤へ。もう、どうにもならなくなったので、せっかくだからと、実験に秘伝のNM流北斗百裂拳を採用。相手の時間が切れたところで、NMくんになりきり、アタタタタタタタ!!とノータイム指し。本家には遠く及びませんが、なんとか相手に自分の終盤力を誤魔化すことができ、薄氷の勝利。

本戦二回戦。名大のI氏と。

独特な将棋の世界観に定評のあるI氏。なんとか一発当てるため、研究してきた角交換振り飛車を採用。
序盤は、なぜか、お互いがお互いの飛車に金銀を集める変わった将棋に。
作戦勝ちはできたと思ったのですが、NMくん曰く、すでに、I氏ペース。

なかなか、決め手が与えてもらえないので、相手が崩れるのを待っていたら、陣形を整えられてしまいました。
そこからは、あっという間に抑えこまれ、あっという間に負けてしまいました。終盤も読み負けては粘れませんね。



気持ちを切り替えて、次は団体戦。A級に上がれるように頑張りたいと思います。

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

nitshogi

Author:nitshogi
名古屋工業大学将棋部のブログです。一応、部室のある部活です。
名工大の学生で将棋部に興味がある人は是非部室へGO!

RSSリンクの表示
QRコード
QR