FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電王戦第三局

ども。Sです。明日からいよいよ授業ですね。

船江五段対ツツカナ戦、手に汗を握る素晴らしい将棋でしたね。
電王戦を見るためにわざわざニコニコに課金したかいがありました。

ソフトが中終盤をプロ(若手上位)にせり勝ったことも衝撃ですが、
ソフトが中終盤に、あまり変な手を指さずに、綺麗な棋譜を作ったことも衝撃的でした。

総手数184手というのが、優劣が(人間の形勢判断で)二転三転したことをよく表していると思います。(平均は約110手)

以下、ソフト戦についての放言。

しかし、ソフトは、序盤に難有りですね。飛車先交換を許したり、無理攻めをするところが特に。
いわゆる、中盤終盤を見据えて、序盤を組み立てていくゲームメイク(大局観)が感じられません。

そういうところが、コンピューターは線ではなく点で手を読むと言われる所以でしょうか。
意味のある手というよりも、意義のある手を線で読んで、序盤で指せるのが人間の強みだと思います。

ソフトの不利になってからの異常な粘りは戦慄を覚えるほどですね。
66手目△4四角~74手目△5五香の一連の手順はすごいですね。
一瞬で先手有利から形勢不明まで戻しました。

とくに△5五香は後手玉が王手がかかりやすくなって、一歩間違えると寄せられてしまいそうな中で、
受けの駒の利きを減らしてしまう手を指したのが、恐ろしいですね。
まあ、コンピュータは読みきっているので怖くなんかないのでしょうが。

94手目の△6六銀のタダ捨てもすごい手でした。最初は意味がわかりませんでしたが、
あれは、詰めろを消しているんですね。△6四銀ではダメだそうです。
twitterのitumonさんの解説に詳しくは書いてあります。

まあ、94手目以降は、銀得が大きく、局面もさっぱりしてしまい、変化が少なくなり、
玉も硬くなって、人間が優勢になりましたが。
人間なら投げる人もいるほど形成に差がついていました。

時間が追い込まれてくると、人間は最善手がさせなくなってくるのが辛いですね。
常に、ある程度の品質の手を保てるコンピュータはそこが強い。
人間はムラがあるから創造的だという話もありますが。

ツツカナはいわゆる、クソ粘りをし続けたあと、人間の僅かなミスを突いて反撃し、
最後は178手目の詰めろ逃れ?をかけて鮮やかに勝ちました。

詰む、詰まないの話になると、コンピュータが強いには当たり前ですが、
それを肌で感じることができました。いやぁ、やばいですね。人間のプロも人智を超えた強さを持っていましたが。

1局を通して見て思ったことは、コンピュータの形勢判断は、あまりあてにならないということですね。
序盤、中盤、終盤共に、ボンクラーズの形勢判断は、評価値から判断すると、あまり当てにならなかったと思います。
序盤だと下の図ですか



上の局面をボンクラーズはコンピュータが指せると考えていたのが驚きです。
推測ですがコンピュータは

・居玉ではなく玉が深く囲ってある
・攻めてる。相手の守備の金を剥がした

ことを評価したのかもしれませんが、人間から見ると

・無駄な手を1手も指していないのに、一方的に攻め潰されてしまうのはありえない
・この場合は、居玉のほうが、戦場から遠く、また、金銀が近いため、意外と安全
・五筋の歩を切った時に、角を打ち込んで活用することができる(飛車をいじめられる)
・飛車先の歩交換三つの得あり(飛車先直通、1歩入手、駒が進出しやすい)

以上から、人間が指せると考えるのが普通だと思います。点数の大きさでその良さを表現するのは難しいですが。

まあ、逆に、形勢判断が多少狂っていても、それなりの手がさせるのは、不思議ですね。



今回の人間対ソフト戦にあまりに興奮したため、長文となってしまいました。
現時点で人間 VS COMは1-2。私は人間の味方なので、次の試合は、塚田九段にはぜひ勝ってもらって、2-2のタイに戻してもらいたいです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

nitshogi

Author:nitshogi
名古屋工業大学将棋部のブログです。一応、部室のある部活です。
名工大の学生で将棋部に興味がある人は是非部室へGO!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。